【東京五輪】聖火台、臨海歩道公園の有明側への設置が最有力

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1鉄チーズ烏 ★2018/12/06(木) 06:21:40.41ID:CAP_USER9
2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの聖火台を大会期間中、お台場にあるセンタープロムナード(江東区)に設置する方向で最終調整していることが5日、複数の関係者への取材で分かった。

今月中旬にも大会組織委員会、政府、東京都などのトップが集まる調整会議を開催し、国際オリンピック委員会(IOC)に報告する案を決定する。都市型スポーツの会場が集まる臨海部のアーバンクラスターが東京大会の象徴になる。

   ◇   ◇

東京五輪の聖火がお台場にともることが濃厚となった。臨海部には東京大会で初採用された目玉のアーバンスポーツ会場が点在。青海会場ではスポーツクライミングと3人制バスケットボール。有明会場ではスケートボードとBMXフリースタイルが行われる。

組織委や都は、アーバンスポーツが実施される臨海部を東京大会の顔としたい考え。センタープロムナードは青海から有明へ東西に約2キロ広がる歩道公園。過去大会のように五輪パークがない東京大会だが、同プロムナードを中心とし、人が集まる五輪パーク同様のにぎわい空間にしたい考えだ。

具体的な設置場所は、青海と有明を結ぶ橋の有明側付近が有力。青海側にある、りんかい線・東京テレポート駅付近や、青海会場はスポンサーブースなども設置され、大勢の人が滞留すると予想される。人が移動する流れをつくるためにも、有明会場と青海会場の間に設置するのが望ましいとされる。

開会式の点火、閉会式の納火時は新国立競技場(新宿区)のフィールドにセレモニー用の聖火台を一時的に設置する。しかし、陸上などの競技期間中に置いておく常設スペースがなく、新国立の外部で設置する場所を探してきた。

IOCの取り決めにより、聖火台を2つにする場合、同じデザインが求められる。ただ相似であれば、大きさは問われない。

実際に16年リオデジャネイロ大会でも聖火台は2つ設置された。マラカナンスタジアムに設置された開閉会式用は競技期間中、聖火はともらず屋根にぶら下げられたままだった。一方、聖火は海浜公園に設置された聖火台にともされ、世界中の観光客が昼夜問わず、訪れた。

64年東京五輪では、駒沢公園(世田谷区)が五輪パークの役割を担った。当時は聖火の分火が許されていたため、公園中心の池に設置された聖火台に聖火がともり、国立競技場とともに大会の中心となった。

組織委などは今月中旬にも組織委、政府、都などのトップが一堂に会する調整会議を開催したい考え。その場で了承されれば、IOCに報告する。


12/6(木) 5:00配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00411756-nksports-spo
https://www.nikkansports.com/sports/news/img/201812060000010-w500_0.jpg

2名無しさん@恐縮です2018/12/06(木) 06:34:50.25ID:RXW+EumH0
>>2なら由貴ちゃんと麻里ちゃんとななみちゃんと麻衣子ちゃんと由利子ちゃんとれーちゃんとちーちゃんとじゅりちゃんとエッチ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています