中国で大ヒットした朝鮮戦争の映画 ネットで批判しただけで拘束相次ぐ [448218991]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1スージー(東京都) [CN]2021/10/13(水) 17:50:04.40ID:HPBMcPgZ0●?PLT(14145)

中国で上映中の朝鮮戦争を描いた大ヒット映画「長津湖」を巡り、インターネット上で批判的な論評や投稿が
削除されたり、筆者が拘束されたりする事態が相次いでいる。米中対立が激化する中、米軍と戦った
中国人民志願軍を英雄として描く内容。中国では派兵判断が間違いだったとの声がくすぶるが、こうした歴史認識を
封じ込める思惑がありそうだ。

朝鮮戦争は、毛沢東主席(当時)の決定で参戦し、凄惨を極めた。中国語ニュースサイトによると、著名記者が7日、
戦場で凍死した場面に「無駄死にだった」との趣旨の批判をすると「英雄を侮辱した」として警察当局に拘束された。
別のネットユーザーも9日、朝鮮戦争への参戦を皮肉り拘束され、書き込みは削除された。(共同)
https://www.sankei.com/article/20211013-WHSPO525YFOGPD5XKL7QIJYFWA/

352mi−na(千葉県) [CN]2021/10/15(金) 10:02:18.91ID:mwnF9Kgs0
戦時のプロパガンダ映画の再来か?
コロナでのメディア総動員と同じで
プロパガンダ全盛期の再現か

353やいちゃん(大阪府) [ニダ]2021/10/15(金) 10:05:56.21ID:YEr2ZDFi0
監督は少林サッカーの人なんだな

354やいちゃん(大阪府) [ニダ]2021/10/15(金) 10:12:50.30ID:YEr2ZDFi0
少林サッカーじゃなくてチャイニーズゴーストストーリーだった

355梅之輔(日本のどこかに) [EU]2021/10/15(金) 10:38:59.99ID:EVWbS49P0
>>350
独ソ戦が凄惨なものになった要因のひとつが赤軍大粛清の影響と言われてるね
将校を殺しすぎて練度や指揮能力低下だけでなく
捕虜の扱いや降伏の判断もできないのでドイツ兵捕虜を虐殺したり、全滅するまでひたすら抵抗したりして、ドイツ側も憎悪を余計につのらせることになった

356ちかぴぃ(東京都) [ニダ]2021/10/15(金) 11:24:40.19ID:i752vvyo0
>>349
豊臣秀吉の朝鮮出兵の戦国武士団の方が強かったな
戦車も飛行機も機関銃も無い時代に中朝国境を突破した
https://i.imgur.com/VchMNg7.jpg

357リボンちゃん(光) [US]2021/10/15(金) 11:50:02.34ID:vK16SV1E0
結果論で言えばスターリンの大粛清こそがソ連軍最終勝利の決め手だったかもしれない
赤軍の弱体化を招いたのは確かなんだが別の効果も生んだ
今日でも議論が続いているがモスクワ占領をした場合スターリンの政権が存続したかどうかって
仮定は永遠に答えが出ないIFでスターリン自身にも判らなかっただろう
モスクワ前面での戦いの最中スターリンはいつ自分が粛清されるのかと怯え続け執務室のドアを
ノックされた時はてっきり逮捕に来たのかとションベンをチビッたら引き続き指導して欲しいと要請されビックリ仰天した
この時スターリン政権が存続したのは粛清で殺しまくったためもう代わりになる奴が居なかったからでしかない
ヘタにトハチャフスキーみたいな有能が居たら政権はそちらに移り合理的な判断でドイツと妥協し早期講和に
動いていたかもしれない

358梅之輔(日本のどこかに) [EU]2021/10/15(金) 11:54:44.86ID:EVWbS49P0
>>357
ジューコフいなかったらどつなってただろ
真に有能なやつは赤軍大粛清すり抜けてるもんな

359クロスキッドくん(茸) [US]2021/10/15(金) 12:56:37.52ID:HVf4f+BJ0
>>98
日露戦争は実際には敵のド真ん前まで塹壕掘ってからの突撃だけどな
「乃木は旅順に穴掘りに行ってるw」と馬鹿にされても意に介さずに塹壕を掘りまくって露軍の機関銃陣地を潰して回った
それを見て「機関銃陣地は歩兵の突撃で潰せる」と誤解したイギリス軍は、ガリポリの戦いで機関銃陣地に無策で歩兵を突撃させまくって一日で十万以上の大損害を出し、国として既に死に体だったオスマントルコ相手に撤退を余儀なくされた

360ココロンちゃん(大阪府) [ニダ]2021/10/15(金) 12:58:46.26ID:enib8b3S0
>>339

>中国は中華民国捕虜100万人を動員しソ連の武器を渡し反撃

ソ連の武器を支給されたのは、純粋共産党の旧八路軍だよ。
国民党軍や満洲国軍崩れには、日本製や米国製英国製の武器。
映画でもそうなっている。

361リボンちゃん(光) [US]2021/10/15(金) 13:14:54.65ID:vK16SV1E0
白襷隊って一次大戦になってドイツが考案した突撃隊の先駆なんだよな
奉天会戦で乃木第三軍だけが前進できたのは旅順で機関銃陣地の恐ろしさを味わい尽くした挙句に
それを克服する戦術を生みだしていたからだった、この点がその後も全く評価されてない

362梅之輔(日本のどこかに) [EU]2021/10/15(金) 13:34:48.82ID:EVWbS49P0
日露戦争は各国が観戦武官送り込んでるのに機関銃の脅威を十分に認識できなかったらしいな
何眺めてたんだか

363ちーぴっと(静岡県) [KR]2021/10/15(金) 16:57:30.96ID:fBINPsDJ0
>>355
特に開戦直後が酷くて、本当にど素人の戦いだったようですね。

364ちーぴっと(静岡県) [KR]2021/10/15(金) 17:06:50.80ID:fBINPsDJ0
>>359
>>362
そのあたりは名書「機関銃の社会史」で分析されてますね。

英国における機関銃は植民地戦争に投入され、特にローデシアのシャンガニの戦闘では4丁のマキシム機関銃が5000人の突撃を防いでおり、機関銃に突撃をする事が無意味であるとわかりすぎる程わかってるのに、「我々は土人どもとは違う」と言う漠然とした差別感が悪魔のように心に宿るって奴。

365ケロちゃん(ジパング) [ES]2021/10/15(金) 17:48:43.01ID:my+yH2/S0
>>44
どうもこの、補給とかどうするか考えられない奴が、戦争がどうのと言っているのがわからない。

無限弾倉とかあったり、なん歩か歩いたら体力も回復するし銃や弾が拾えると思ってるんだろうか?

366ケロちゃん(ジパング) [ES]2021/10/15(金) 18:08:19.96ID:my+yH2/S0
>>220
まあ、私は戦争は避けるべきだと思っているけど。

でもまあ、中国が以前言ってた超限定戦って、今のような事態を夢見てたと言うことだよね。

これはもう、目の当たりに見てる世代が、末代まで伝えるべき、一大叙事詩を創る歴史的使命を与えられたと言うことじゃないか?

文才とか絵の才能とか彫刻とか出来る奴が妬ましいぜ。

367ウルトラ出光人(兵庫県) [AU]2021/10/15(金) 18:10:31.07ID:rH46y3li0
>>365
戦争になれば軍優先になるのは当たり前じゃね?

368ケロちゃん(ジパング) [ES]2021/10/15(金) 18:15:32.45ID:my+yH2/S0
>>312
初戦で日本が伸ばしきった補給線はどう思ってるの?

俺アニメやゲームや漫画やらは年甲斐もなく好きだけど、あれ現実とは関係ないから?

369ケロちゃん(ジパング) [ES]2021/10/15(金) 18:20:14.49ID:my+yH2/S0
>>232
中国あたりは洗城といったか?城塞都市の中身皆殺しにするのが当たり前にしてるから、降参も無意味だろ?

370ゆうさく(東京都) [RU]2021/10/15(金) 19:45:09.75ID:LIKiNonb0
>>360
後は国民党軍から鹵獲したドイツやチェコ製の銃器な

毛沢東か旧ソ連の軍事顧問はそれぞれ弾薬規格の違う日独米製等の鹵獲兵器も朝鮮戦争で消費してしまう計算だった

371リボンちゃん(光) [US]2021/10/15(金) 19:56:15.33ID:vK16SV1E0
武器だけ支給しても軍隊にはならない、相手側の韓国軍も旧日本軍から見れば夢のように潤沢な
アメリカ製武器を支給しているがアメリカ軍の将軍が嘆いているように戦闘の度に投げ捨てて逃げてしまうから
敵に供与してるようなもんだと頭を抱えてる

372ほっくん(東京都) [NL]2021/10/15(金) 20:49:25.13ID:WRU/OECZ0
>>364
結局、日露戦争(1904〜1905)を戦ったロシア軍も
9年後の第一次世界大戦(1914〜1918)東部戦線では明治日本陸軍と同じ結果になったからな
https://i.imgur.com/h9UNBHM.gif
中国はこれを1950年にやった

373トラムクン(東京都) [TW]2021/10/15(金) 21:01:30.25ID:BygAGRDq0
>>372
これやってるうちは敵は陣地にこもって前進できないから、人命を無限に使えるなら負けないんだぜ
中国向け戦術

374ちーぴっと(静岡県) [KR]2021/10/15(金) 22:13:53.14ID:fBINPsDJ0
>>372
>>373
ソンムの戦いの英軍記録によると、ヴィッカースMK1機関銃は1丁あたり1時間平均8000発を発射し、1時間に1回の銃身交換をし、もっとも発射した銃は12時間で10万発を発射したそうです。
そして、これが、戦線に延々と設置しとるワケですな。

375陣太鼓くん(福岡県) [FR]2021/10/15(金) 22:18:02.42ID:JgWFR1Us0
冷静に考えれば無茶なんだけど毛の息子が戦死したりして結構取扱注意なのよね
林彪なんか病気という事で逃げたしw

376シジミくん(神奈川県) [AR]2021/10/15(金) 22:18:51.26ID:VSBS3YOS0
最初、国民党軍で、後から共産党八路軍に寝返った指揮官の部隊(半軍閥)が、
積極的に前線に投入され、人海突撃戦術を強要された。
と、中国で見たCCTVのテレビドラマでやってたよ。湖邦将軍?だったかな。

377つくばちゃん(東京都) [ニダ]2021/10/15(金) 23:05:17.70ID:xTs74Hej0
>>374
ヴィッカース重機関銃のロシア輸出版マキシムPM1910重機関銃はクリミア紛争両軍でまだ現役
https://i.imgur.com/QNDbK38.png
https://i.imgur.com/PDJJhdN.jpg

378ウルトラ出光人(兵庫県) [AU]2021/10/15(金) 23:58:33.84ID:rH46y3li0
>>374
何でそんなに撃てるんだよ
って、たしか銃身水冷式のやつか

379ウルトラ出光人(兵庫県) [AU]2021/10/15(金) 23:59:28.03ID:rH46y3li0
>>377
これもM2並みに息が長いなw

380さくらパンダ(東京都) [AT]2021/10/16(土) 01:23:20.13ID:WdhgumZR0
>>373
とはいえ現代では歩兵の迅速な大量輸送が可能だから人命が軽くてもあんまり意味なくなったんだけどね

市街を占拠されたら潜伏してても無意味になるし制空権取られたら挟み撃ちになるし穴掘っても超音波法でどこ掘ってるか見えちゃうし森の中でもない限り衛星で丸見えだし

人命の軽さをフル活用するなら市街に基地作って周辺住民に火の玉突撃させたほうが良い

381あいピー(静岡県) [KR]2021/10/16(土) 06:46:33.64ID:aaxaG99v0
>>378
そそ、この手の拠点防衛用の水冷式はラジエーターを接続して水を循環させるんで延々と撃てる。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e5/Maschinengewehr_08_1.jpg/600px-Maschinengewehr_08_1.jpg

382マストくん(やわらか銀行) [AU]2021/10/16(土) 07:43:01.82ID:5xd9eiMB0
>>381
えげつねーな
本当に殺戮マシン

383あいピー(静岡県) [KR]2021/10/16(土) 07:49:17.58ID:aaxaG99v0
>>382
上の写真はキャンバス式の冷却タンクをセットするタイプですね。
ラジエターは水蒸気が目立つため、水が豊富なら水を運び、水がない場所はやむおえずラジエターを使ったようです。

384マストくん(やわらか銀行) [AU]2021/10/16(土) 08:12:36.95ID:5xd9eiMB0
連射の持続性だけなら後の空冷式よりホントえげつないw

385ファーファ(東京都) [NO]2021/10/16(土) 08:20:52.55ID:SXlpv/1E0
>>383
ブロードニングm1918水冷式重機関銃は
朝鮮戦争まで米軍も使っていたから中国兵をなぎ倒したんだろうな
https://i.imgur.com/THv5BEk.jpg

386あいピー(静岡県) [KR]2021/10/16(土) 08:40:02.93ID:aaxaG99v0
>>380
WW1塹壕戦は「人員の補給」って点では完璧だったんですよ。
塹壕線は多重に作られるんですが、その後方15キロほどの位置に鉄道網が整備されています。

侵攻時は猛烈な砲撃から始まりますので、1線は簡単に突破され、2線と3線で本格的な抵抗が行われるんですが、同時に後方の鉄道網を利用した予備兵力の集中が始まります。

ここからは塹壕線を攻略しながら前進する速度と、鉄道を利用した予備兵力集中速度の戦いになるんですが、当然ながら相手にならず、最終的には双方の死体だけを残して元に戻るってのがWW1塹壕戦のパターンです。
https://pbs.twimg.com/media/BrnAgfPCAAAsocP.jpg

387あいピー(静岡県) [KR]2021/10/16(土) 08:42:44.80ID:aaxaG99v0
>>380
WW2は機械化師団の登場で、突破口を戦車と装甲兵員輸送車が駆け抜けるため、WW1の塹壕戦が成立しなくなっちゃったんですな。

388わくわく太郎(大阪府) [ニダ]2021/10/16(土) 08:46:07.94ID:+JyPj52e0
日本の各界の親中派が何しようが中国本体がこんな事ばっかやってんだから
一般国民が中国を危険視するのは当然じゃんねw

結果的には親中派も不信の目で見られたり危険視されるわけで・・・
幾ら大金詰まれて買収されてると言っても割が合わないんじゃないの?

389(宮城県) [ニダ]2021/10/16(土) 08:49:43.22ID:AV0dnp7M0
日本の歴史認識がーってしょっちゅう問題になるが
いつも疑問に思うのが朝鮮戦争と毛沢東の歴史認識はどうなってんだろうな
某特定アジアではさ

390わくわく太郎(大阪府) [ニダ]2021/10/16(土) 08:51:30.09ID:+JyPj52e0
>>389
もう昔と違って普通の一般国民は耳を傾けずに無視するようになったじゃんw

391クロスキッドくん(兵庫県) [ニダ]2021/10/16(土) 09:03:51.29ID:+cx1DdKc0
何で韓国って中共に損害賠償の主張しないの?
あと一歩というところで中共に南北統一の邪魔されてたじゃん。
70年以上の分断による経済的損失は、莫大な数字でしょ。
afoなん?

392白戸家一家(東京都) [SE]2021/10/16(土) 09:07:20.18ID:U2NqMKrB0
中国はガチで戦時体制か

393白戸家一家(東京都) [SE]2021/10/16(土) 09:07:49.78ID:U2NqMKrB0
>>391
くれるほうにせびるのは当然のこと

394パム、パル(SB-iPhone) [JP]2021/10/16(土) 09:34:28.62ID:uLc5o4rG0
>>391
そこがミソで、
・ソ連「参戦しようかな」→「米国と第三次大戦なっちゃうわ」
・中国「参戦しようかな」→「今やイデオロギー違うけど第二次大戦では米国に助けてもらったし」

で、中国は義勇軍を朝鮮半島に派遣してきた。
正規軍ではないという建前で。
だから中国政府は「義勇軍のやったことは正規軍じゃないから知りませんー」

395ヒッキー(東京都) [CN]2021/10/16(土) 10:56:29.71ID:+p1zIOwp0
>>386
機関銃陣地を移動して有利な地形から敵を迎え撃つとか
運用思想が当時はあったのかね?
https://i.imgur.com/e2KK6f2.gif

396マストくん(やわらか銀行) [AU]2021/10/16(土) 11:00:55.67ID:5xd9eiMB0
>>395
そういう機動的な機関銃の運用は空冷式の軽機銃が発達したWW2前からだよ

397戸越銀次郎(東京都) [CN]2021/10/16(土) 11:14:44.74ID:AwhZQAGy0
>>394
中共は党が出版する正史でも抗美援朝を正義として大きく取り扱ってる
知りませんなんて言ってない
そんな嘘ついて何が楽しいんや

398イッセンマン(光) [DE]2021/10/16(土) 11:16:03.74ID:PaBqWtFQ0
便衣兵もがんばったから

399山の手くん(東京都) [ニダ]2021/10/16(土) 11:31:21.43ID:bYSr8OoE0
>>396
やっぱりそうなのねそこでドイツでmp18短機関銃が生まれると
https://i.imgur.com/OGGlpor.png

400ほっくん(奈良県) [US]2021/10/16(土) 11:34:15.51ID:JqIkwvsB0
>>347
だから日本でしか通用しないガラパゴス理論には説得力は無いんだよ。

そもそも社会契約説では国家とは国民を保護する事が存在理由だ。無条件降伏とは国家の存在理由の自己否定だ。

実際に90年代のデンマークの選挙で軍備を削減して減税しろと言った候補者が脱税で逮捕されてる。

401ぽえみ(日本のどこかに) [US]2021/10/16(土) 11:46:53.81ID:DTI/PC0W0
>>400
中露相手に負けないよう最善を尽くすのは当然だが
万が一敗北して趨勢が決したら、それ以上の抵抗は無益だと説明してる
端的に言えば戦争を続けるのは勝ち目がある間だけ
停戦や休戦交渉も戦力が拮抗してるうち
勝ち目が無くなれば降伏しかない
その段階で休戦を提案しても受け入れられることはない

つまりどの段階で何を決断するかタイミングを誤るなということだ

402ほっくん(奈良県) [US]2021/10/16(土) 17:14:24.70ID:JqIkwvsB0
>>401
降伏と無条件降伏は違う。有利な条件を国家は引き出す義務が有る。これを怠るのは国家の怠慢だ。

原則論から外れた論理に説得力は無い。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています