【BBC】「火垂るの墓」 ジブリで最も暗い作品が今も持つ重要性

レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
1みつを ★2018/04/16(月) 21:34:26.30ID:CAP_USER9
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43779881

2018/04/16
ヘザー・チェン記者 BBCニュース

日本アニメ界の巨人スタジオジブリは、「となりのトトロ」など明るい内容の名作で知られるが、同社が30年前に発表した、第2次世界大戦時を舞台にした「火垂るの墓」は、今も強く心に響くメッセージを持っている。

野坂昭如氏による1967年の同名小説を原作とし、今月5日に死去した伝説的なアニメーション監督でスタジオジブリの共同創設者、高畑勲氏が製作したアニメ映画は、第2次世界大戦末期の日本で必死に生き延びようとする、孤児の兄妹の物語だ。

映画の冒頭から結末は予告されている。独りぼっちの少年、清太は三宮駅で餓死する。所持品から清掃員が見つけたのは、ドロップ缶に入った少量の灰と骨のかけらだった。何の変哲もない缶は近くの野原に投げ捨てられ、空に向かった清太の魂は4歳の妹、節子の魂と再開する。

2人をホタルの群れが囲み、物語は始まる。「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」――清太の声による、耳に残るナレーションが入る。

ジブリ作品の一つではあるものの、「火垂るの墓」は一般的な子供向け映画とは全く違う。明るい気持ちにさせるそれまでの作品とは一線を画し、多くの人が観るのをためらうような悲惨な物語だ。しかし、映画評論家で歴史家の故ロジャー・イーバート氏は、「戦争映画として最も偉大な作品の一つ」だと称賛した。

2000年に書かれた批評で、イーバート氏は、「アニメ映画はその最初期から、子供たちや家族のための『漫画』だった。しかし、それらの映画が存在するのは安全地帯に限られ、涙は誘っても悲しみを味わせることはなかった。『火垂るの墓』による感情体験は、アニメに対する考えを変えさせるほど力強い」と述べた。

第2次世界大戦末期に激しさを増した米軍による空襲は、主人公たちが住む神戸も襲う。
戦争に悲劇は付き物だが、この映画が描く物語の力強さには、高畑監督自身の経験がかかわっている。戦争時に少年だった監督は、当時住んでいた岡山市で大規模な空襲に遭った。

細やかな描写と印象派的な効果によって、高畑監督は戦争が人々に与える影響をリアルによみがえらせている。
米国の編集者で、日本のマンガ・アニメ業界を論じた「Japanamerica(ジャパナメリカ)」の著者、ローランド・ケルツ氏は、「火垂るの墓」のワンシーンについて、非常に悲劇的ながら「心が奪われるような美しさ」があると話す。
ケルツ氏は、「漁師の集団が、湾の向こうで炎に包まれた神戸の街を見つめている。空をなめるように炎が上がるなか、漁師たちの後ろ姿が映し出される」と語る。「惨劇の静けさ。誰も動かないが、彼らの衝撃が伝わってくる。まさにシェルショック状態を表したシーンで、恐ろしいと同時にものすごく美しい」
(リンク先に続きあり)

(英語記事 Grave of the Fireflies: The haunting relevance of Studio Ghibli's darkest film)

「何でホタル、すぐ死んでしまうん?」
https://ichef-1.bbci.co.uk/news/410/cpsprodpb/0E20/production/_100761630_10668806_768819113157172_3116238815464200130_o.jpg

932名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:46:59.15ID:unadOxuB0
ジブリってそんな明るいイメージないだろ

933名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:47:38.28ID:ozpplCtb0
>>928
いや、時代考証の問題じゃなくね

934名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:47:53.75ID:ZHn+sbqm0
>>926
バカ丸出しのガセ垂れ流すなバーカ

935名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:48:58.60ID:n1GKpdmF0
>>889
このスレにもあるが戦後のハイパーインフレと超物資不足
飢えた都会人が郊外の農家に米や野菜の買い出しに行っても、
大金を積んでもろくに食い物と交換できない時代
通貨は国家が価値を保証するが、
大敗戦で国家が機能しないから、
通貨なんて半ば紙切れ

936名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:50:29.82ID:hZlIqcpQ0
うちの親戚は戦争中は世界中の空を飛んでた方だからさ。
戦争被災者もいないし。
紅の豚がいいなあ。

937名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:50:46.76ID:n1GKpdmF0
>>934
腐った蛆虫のウンコのくせに元気だな
来世はせめてゴキブリに生まれるように祈ってなさい

938名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:51:17.02ID:ZHn+sbqm0
>>935
大敗戦(笑)
頭の悪さ丸出しの文だね
添削してもらったほうがいいよ

939名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:53:00.48ID:1+Kqrmj00
ウチの爺さんの仏壇に軍刀があるんだけど銃刀法違反のような気がする

940名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:54:25.27ID:n1GKpdmF0
>>931
被曝の話は広瀬隆の反原発の本にあった話
どこまで信憑性があるかはわからんが、
40年代、50年代のアメリカが、
冷戦を背景に原爆開発に邁進したのは確か。
それと、原爆実験の被曝や、
環境破壊への意識が低かったのも確か。

941名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:54:40.76ID:SF9VJUx50
>>911
お前みたいな独自の解釈で勝手に盛り上がる馬鹿は投げっぱなしの映画観てオナニーしとけよ

942名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:55:44.95ID:ZHn+sbqm0

943名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:55:55.46ID:n1GKpdmF0
>>938
腐った蛆虫のウンコがんばれ!
人間様のつま先にへばりついて、
根性見せてやれ!

944名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:57:22.72ID:ZHn+sbqm0
さぁ〜ってと。

寝るかな〜

945名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:58:28.82ID:zp6RaOMO0
アニメの火垂るの墓については反戦や戦争の悲惨さというおざなりな批評はさておき

実は戦中や復興期を体験せずに豊かな時代を謳歌する若い世代に対する
高畑勲の「嫉妬」があるのではないかという説に個人的には腑に落ちるものがある

今の若者世代すら羨む者がいるあのバブル絶頂期にグロテスクな戦争アニメ映画をぶつけた意図は
単純に「自分の味わった後味の悪い思いを若者にも味わわせたい」だけだったのかもしれない

946名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 03:58:38.58ID:SF9VJUx50
>>942
反応が怖いなら口閉じとけよバカタレ

947名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 04:01:33.90ID:ZHn+sbqm0
>>945
お前もほんと頭悪いね
 
「個人的には腑に落ちるものがある
「バブル絶頂期にグロテスクな戦争アニメ映画をぶつけた意図は」

ほんとにこれほど頭悪さ丸出しの文書いておいて、なんでこれが恥ずかしいかも知らずに死んでいくんだろうね

馬鹿はうらやましいやw気楽で
寝よ

948名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 04:06:30.27ID:CdqoDVLd0
>>920
>ポリタンの灯油ぶちまけて

灯油じゃなくて粗製ガソリン(ナフサ)な
ぶちまけるんじゃなくて、
パーム油入れてるから
ピチャっとくっつくんだよ、皮膚に火の玉が

油脂焼夷弾
主燃焼材のナフサ(粗製ガソリン)に
ナパーム剤と呼ばれる増粘剤を添加して
ゼリー状にしたものを充填したナパーム弾

949名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 04:06:50.32ID:ZHn+sbqm0
一つだけ言っといてやろうかwあまりにばかすぎるから
「バブル絶頂期にグロテスクな戦争アニメ映画をぶつけた意図は」とかいってるけど
あの時代がバブル絶頂だったとわかったのはバブル弾けて何年もたってからだよ
ンな意図なんてあるわけねえだろう馬鹿がwwwホントへそが茶を沸かすわ
頭の悪いやつってのはほんと底なしなんだな想像を超えるわ

950名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 04:08:09.87ID:ZHn+sbqm0
顔真っ赤にして必死で抗弁してくるのが目に見えて楽しみだな〜〜

951名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 04:15:19.82ID:a/FHnmwN0
>>862
東京大学名誉教授の養老猛司は焼夷弾が降ってくるのを子どもの頃見てる世代で
食糧事情が悪かったとき芋ばっかり食べてたから
絶対に芋だけは食べたくないと著書に書いてる
食糧事情が苦しかった経験があるから豊かになった今美味しいものを食べたいという人もいるだろう

952名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 04:22:59.76ID:zp6RaOMO0
まあ身も蓋もない言い方をすると
老害監督が呑気に平和を謳歌してる若者憎さで作った反戦映画を装ったスプラッター映画ってこった
ヒューマンドラマを装いつつ打算的にグロをウリにしてる典型例としてはブラックジャックなんかもそう

953名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 04:24:32.22ID:CdqoDVLd0
>>926
>夏目雅子
以下引用

西遊記の記録でも全てロケはもちろん砂漠のシーンを含めて
日本国内で撮影されているという。
パート2で若干撮影がされたらしいが、
夏目は参加しておらず、放送もされず
だから、トンデモ都市伝説・・・
元々、夏目の家系は白血病が多く、父、親族も白血病で亡くしている。
むしろ遺伝性のものだった

954名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 05:01:52.32ID:zp6RaOMO0
>>949
500万の国産車が売れてブームになる時代なんて誰が見たって異常だよ
食う物なくて人が行き倒れになる時代から見れば尚更別世界に見えただろう
知識も想像力も足りてないオッサンだなお前は

955名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 05:10:31.50ID:iqHT56Yw0
秒速は死人がでないのに異常に暗いよな

956名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 06:37:30.19ID:Up8mp+990
>>955
あれ、新海曰くハッピーエンドの物語なんだぞ

957名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 07:16:05.73ID:nvk/q5Bm0
>>945
年寄りは戦争で頑張って若者を生んだから
年金いっぱいあげて欲しい。
逆に今の若者ほろくに競争もせず
公務員や一流企業に勤めてるから
年金なしでいい。

958名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 07:49:07.98ID:4SyJBimR0
>>894
それは「喜びも悲しみも幾年月」などの木下恵介なども言えることなんで
どうすれば伝わるかっていうことを計算できる技がないと人を動かすものは出来ないだろう

メッセージが正しいから伝わって当たり前、っていうのは無力

959名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 08:04:02.03ID:iqHT56Yw0
>>956
最後の踏み切りのシーンで一応笑顔だもんな

というか、普通の奴にでもよくあるような話なのに、よくあそこまでくらい感じで表現できると思うわ

960名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 08:08:26.91ID:w1ogB0kq0
>>862
あの時代とそれから数十年くらいの日本の男は社会の男尊女卑、論理的思考のなさとか色んな要素で
家でわがままに振る舞っても許された結果、我慢を知らない人間が多いからな
子供時代のちょっとした体験より、爺になるまでの数十年の体験のほうが根付いてるタイプなんだろう

961名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 08:24:39.25ID:ma0cZjQo0
ホタルを火垂ると書いてタイトルにしただけで、
野坂の勝ちだわ

962名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 09:58:08.21ID:9rq3jdNJ0
>>950
ほんとこいつは自分が頭良いと思ってるアスペだなw

963名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 10:38:39.41ID:eE+K7m870
子供の頃見て自分やったらと考え西宮のババァに腹立ったしそりゃ出て行くわと思った
けど見てる最中に考えが変わった途中で謝りに行け、いや、プライドが邪魔するな〜とか
始めっからこうなると事知ってれば言う事聞いてたら良かったとか

964名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 11:52:10.85ID:tRHo+uDn0
これ 清太がおばさんの所で 一生懸命働いて 訓練にも参加して ずっとあの家にいて終戦迎えて 元気に学校に通って
節子も大きくなってたら 火垂るの墓にならんし
非常時でなくても 人は常に正しい選択ができるわけないし これはこれでいかったんでないの?
後で一般人がこれだけ語り合えるなんて 素晴らしいじゃないか

自分が思うに 節子の容姿、声がより一層観る人を惹きつけた 気がする

965名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 12:08:17.26ID:Didl0dan0
>火垂るの墓を観ておばさんに嫌悪感を抱き清太に共感できる人が多数なら、
>それは即ち自分が幸せであり共助や公助の考え方が社会の中で育まれている状態なのだと思う。

そりゃ幸せなんだろうさ
いきなり扶養家族が二人増えることの苦労に思い至らないか無視できるってことは

966名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 15:26:21.22ID:EmyePixS0
>>964
まあ、結局おばさんも清太も正しくは無いけど、双方ともそうなる状況なのは理解できるようになるし、
清太を責めるわけじゃなく同情はしつつも、この件そのものにはドロップアウトしてしまった清太に責任があるのは分かるようにはなると
そこに巻き込まれる節子は徹底的に無垢な存在として作られてるから尚更哀れだし、
更に言えば、生死にかかわらなくても大なり小なり誰でもおばさんや清太のように間違えていない人もいないだろうから
そこで後悔したり身につまされる部分もあるだろう

高畑の言ってることを感情込みで平易にすればこんなとこだろうし、言われずともそういう結論になるわな
どっちが悪いとか片方に肩入れしすぎるのはぶっちゃけ未熟で良い見方だとは思えない

967名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 19:01:40.48ID:Kv+HDOTD0
>>960
日本帝国は負けても実家が農家なら食べ物あったのよ
ロシア革命時や文革時のロシアやシナと違うんだから

968名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 22:05:43.26ID:aI1XGW8g0
>>967
日本は温暖で水が豊富で四方が海で
要するに農業や漁業に適した食べ物に恵まれた国
だから狭い国土なのに昔から人口が多かった
戦時中に食い物に困らずにいた人も実は結構いた
野球の杉下茂は軍隊でとんかつとか食ってて、
入営前より太ったというし
自給できる農村部に比べて、役人の配給システムが下手なせいで、
都市部は飢餓

969名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 22:06:07.02ID:ZpsFh0ub0
>>755
>沖縄のプロ市民に金を出してるジブリw

予備自衛官補に応募すらしないお前らからすれば、沖縄の米軍基地の存続を妨害しないぐらいには、日本国の防衛に協力している沖縄のプロ市民には腹が立つよね。

970名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 22:08:01.35ID:aI1XGW8g0
>>862
伊丹十三と岸田秀は同い年で同じ四国の育ち
伊丹は腹を空かせて育ったせいか、グルメで料理好きで、
食い物への執着が強く、
食い物に困らなかった岸田は食い物に無頓着

971名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 22:16:22.78ID:yYexsH2T0
救いの無い糞アニメというか監督のオナニー映画

972名無しさん@恐縮です2018/04/18(水) 23:13:27.91ID:8HRFM3qb0
>>951
節子も芋食べれてたらな
あんな水っぽいものばかりじゃお腹壊すわ

973名無しさん@恐縮です2018/04/19(木) 05:30:11.21ID:j6OzIwsA0
熱風Red flag Fascist teamは恐ろしいのう。

密入国して何人も人を拐い、
日本人の名前を騙って飛行機を爆破し、
満員電車で毒ガスでテロを起こし、
日本人のふりして異母兄弟を暗殺し、

日本人になら何をしても良いとばかりに
食べ物に毒を混ぜたり、企業建物を破壊し物品を略奪し、
日本車に乗っているというだけの理由で中国人が中国人の頭部を破壊する。

まさしく全体主義のRed Fascist armyが「抗日」だの「対日」だの言いながらミサイルパレードし、
実際にミサイルを飛ばし、領海を脅かしている世界。
身を護る術も無い日本国民に対して「日本人が全体主義になるぞ!」
だってさ。
日本国と日本国民を叩き潰したいようだ。

974名無しさん@恐縮です2018/04/19(木) 05:35:12.24ID:mVg225bG0
>>174
国会前で戦争やめろって言ってる奴らが日本で一番戦争に近い所にいる

975名無しさん@恐縮です2018/04/19(木) 07:35:29.40ID:M6fI2bqj0
死んだ父は昭和5年生まれで清太と同年
7人兄弟の次男で口べらしに14歳で親元離れて長野から東京に丁稚奉公で出てきて
休めるのは盆と正月の年2日
奉公先の主人や先輩に殴られ、蹴られながら働いて飯は土間で立ったまま
掻き込むように食って仕事に戻っていたらしい
母親曰く、新婚当時の父は栄養失調でガリガリに痩せて風邪ばかりひいていたそうな

そんな中で独立して妻子養って財産遺して逝った父親の事を考えると
やっぱり清太は甘い、と言わざるを得ない

976名無しさん@恐縮です2018/04/19(木) 08:45:28.52ID:SEZcBCWc0
>>975
海軍さんの息子やから 軍人になる事しか頭にない
政治家より力を持ってたんだから
日本を守る父親が死ぬなんて思いもせんし
14なら学徒動員はあったと思うけど 奉仕はしても労働者になるつもりはなかったんじゃない?
母が死んで妹が死んで 日本も負けて父も死んだ
世界が滅亡したに等しいよ
まぁそんな子供はゴマンといたんだけど そこで生き延びたかそうできなかったの違いは ほとんど運じゃないかな
甘いと言えば甘いけど それが清太の価値観だった
なーんつってな

977名無しさん@恐縮です2018/04/19(木) 09:05:49.43ID:1gEGusuR0
赤いお金
ほちぃ

978名無しさん@恐縮です2018/04/19(木) 18:16:59.79ID:2daVH8Vn0
清太追い出されて可哀想ババア死ね

働きもしないニートとか清太クズだな妹死なせるし

清太は子供なんだから仕方ない、大人が手を差し伸べない戦後世界怖い

歳を重ねると考え方が変わるんだよなぁこの映画
そこまで計算して映画作ってんだとしたら高畑は凄い人だね

979名無しさん@恐縮です2018/04/19(木) 21:14:30.32ID:2V4HmQ2t0
小学校の頃、学校行事の一環で隣りの市の施設で
無理矢理見せられ、以降ジブリが心底嫌いになった
お仕着せがましいつまらん内容を強制的に観させるなよと

980名無しさん@恐縮です2018/04/20(金) 05:06:01.36ID:GZzc2Aul0
>>978
育児放棄事件を防げない現在が作品の時代と比べて果たして「平和」で「自由」なんだろうか?とか

981名無しさん@恐縮です2018/04/20(金) 05:42:40.65ID:rmjoOBe30
>>980
戦争だけが悲惨なわけではないというのは同意だが、
育児放棄なんか昔だっていくらでもあったと思うよ。
大きく問題視されなかっただけ。

982名無しさん@恐縮です2018/04/20(金) 10:44:00.29ID:ZbSJmXYi0

レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。