【格闘技】亀田大、名城を破ったテーパリットがキックボクシングトーナメント参戦 12・16岡山

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1砂漠のマスカレード ★2018/11/08(木) 21:39:11.14ID:CAP_USER9
亀田大毅を破ってボクシングのWBA世界スーパーフライ級王座を防衛したことで知られるタイのテープ(旧名テーパリット・ゴーキャットジム)が、
12月16日に岡山武道館で開催される「岡山キックボクシング59kg賞金トーナメント」に参戦することが8日、発表された。
トーナメントは肘打ちありのキックボクシングルールで行われ、国内の王者クラスが参戦する。

テープは2011年12月の亀田大毅に判定勝ちして王座を防衛し、その後も清水智信、名城信男を破って王座を防衛したが、
12年大みそか、河野公平に4回KO負けして王座から陥落した。
国際式に転向前はムエタイで200戦160勝以上というキャリアを持っている。

トーナメント優勝者には、肘ありでは国内最大イベントの「KNOCK OUT」出場権が確約される。
KNOCK OUTの小野寺力プロデューサーは「肘ありルールのワンデイは過去にあまり例がなく、負傷者続出が予想される危険なもの。
参戦者は王者クラスばかり。タダで終わるはずがありません」と、過酷な展開を予想している。

テープ以外のトーナメント出場選手は次の通り。

 ◇浅川大立(イノベーションフェザー級王者)

 ◇岩城悠介(聖域統一60kg級王者)

 ◇北園翔大(KOSフェザー級王者)

 ◇翔貴(ルンピニージャパンフェザー級王者)

 ◇高橋聖人(NKBフェザー級王者)

 ◇浜本“キャット”雄大(ILFJ認定ラウェイ王者、元WPMF日本Sバンタム級王者)

 ◇深田一樹(シュートボクシング日本Sフェザー級王者、元SB日本フェザー級王者)

また、当日は元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級&Sライト級王者のシンマニー・ゲーオサムリットと
元ラジャダムナンスタジアム認定Sウエルター級王者のT−98によるWPMF世界Sウエルター級暫定王座決定戦、
山口裕人とタイのワンマリオ・ゲーオサムリットによる同世界Sライト級暫定王者決定戦、
王者白築杏奈にタイのタノンチャック・ゲーオサムリットが挑戦する同女子フライ級タイトルマッチ、共に00年生まれの安本晴翔と和斗によるイノベーションSバンタム級王者決定戦も行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000102-dal-fight
11/8(木) 17:50配信

https://stat.ameba.jp/user_images/20120404/23/stanbox7/56/e5/j/o0400028611896371165.jpg
https://i.daily.jp/ring/2018/11/08/Images/11802224.png

2名無しさん@恐縮です2018/11/08(木) 22:11:38.85ID:rbrVrqfx0
ボクシング業界w

3名無しさん@恐縮です2018/11/08(木) 22:16:26.13ID:reUvjOqm0
なんでこのぶよぶよの腹はw

まるで俺だな

4名無しさん@恐縮です2018/11/08(木) 22:39:25.06ID:QsmdMc/U0
ラダジャムの方が層が厚いのかな
日本人でルンピニしか、取ったのいないよね

5名無しさん@恐縮です2018/11/08(木) 23:01:34.92ID:qR/S8sVm0
沖縄の新成人みたいなおっさんだな

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています