【話題の本】カズレーザーさんが紹介し売り上げ↑ 消えゆくイメージ残る実験小説 『残像に口紅を』筒井康隆著

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1的井 圭一 ★ 【特別重大報道】2018/01/13(土) 21:00:16.70ID:CAP_USER9?PLT(15100)

平成元年に単行本が刊行され、文庫になったのが7年。30年近く前に出たロングセラーが脚光を浴びている。
昨年11月に放送されたテレビ番組内で、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーさんが紹介すると売れ行きがはね上がり、一時はAmazonの売れ筋ランキングで総合1位に。
以降の2カ月だけで6刷10万5000部を増刷した。

 奇想で読者を驚かせてきた作家らしい実験的小説だ。第1章は〈世界から「あ」を引けば〉で、以後、章ごとに使える「音」が消えていく仕掛け。
「あ」が消えると、妻はいつものように主人公に「あなた」と呼びかけられない。
「ふ」がなくなると、ステーキを切るあの道具が使えないので、欧州料理店でも出されるのは箸。
消えた音を名に持つ愛する娘もいなくなる…。完全な虚構なのに、失われた言葉や物、人の残像(イメージ)がまぶたに浮かび、悲しみや虚無感にもとらわれる。

 「少ない文字しか使えなくなっても、しっかりストーリーを紡げていることに驚く」(中公文庫編集部)。
言語遊戯に安住せず、物語自体の魅力も追求する作家の姿勢が、苦くてほの温かい不思議な読後感を生む。

http://www.sankei.com/images/news/180113/lif1801130015-n1.jpg

産経ニュース 2018.1.13 09:20
http://www.sankei.com/smp/life/news/180113/lif1801130015-s1.html

2名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:02:45.13ID:pxnP1FIH0
「G線上のアリア」みたいなもんかな?

3名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:03:05.98ID:+10/nkBf0
>>1読んだからもう読まなくても良いな

4名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:03:54.42ID:nTCWgw4a0
いまさら筒井なあ

5名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:04:35.83ID:7YJZS1sI0
幽遊白書の蔵馬vs海藤の禁句バトルの元ネタです

6名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:05:00.86ID:FXRyFfGM0
俺も好きだが紹介しづらくなったw

7名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:06:19.49ID:YqzKamax0
日本語ワープロのキーボードで、消えた文字には画鋲を貼り付けて打たないようにして書いたんだっけ。

8名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:07:32.92ID:X7duqyMB0
>>6
「あー、TVでカズレーザーがオススメしてたヤツですねwww、あの番組面白いですよねーwww」

9名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:08:05.86ID:4bi0vyYcO
時をかける少女だけしか筒井は知らん

10名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:09:13.85ID:nWeYl8K80
中高のころはよく読んだな
今更感しかないな

11名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:11:09.84ID:IU4dx3nvO
カズレーザーがアメトーークで薦めた本の反響

「残像に口紅を」
放送終了後 9万5000部増刷
累計24万部突破

「妻に捧げた1778話」
13万部増刷 累計18万4000部突破

12名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:14:57.78ID:Ou77362Y0
幽遊白書のアレみたいなもんか

13名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:15:27.94ID:e8ZT943r0
>>5
結局蔵馬は最後どんな顔してたの?

14名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:15:31.12ID:Dz3sZCQ40
やっぱ脱走と追跡のサンバだよ

15名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:15:59.45ID:EixVUgsmO
消えたはずの文字が使われているとか指摘を読んだけど改訂されているのかな。

16名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:16:32.62ID:QvM4XHSj0
アメトーーク 影響力あるねえ

17名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:16:40.94ID:r55Pl5ZC0
筒井は天才だと思う

18名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:17:40.27ID:xJoQ9vcj0
関節話法

19名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:18:04.77ID:86ChQBBt0
終わりが袋とじになっていて、ここを破かなかった(完読しない方)には、本を送ってきたら返金する。てやってたよな?

20名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:18:25.84ID:2g7SpZpr0
「宇宙衛星博覧会」か「農協月へ行く」を勧めておこう

21名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:18:46.57ID:itkSVBIU0
発想は面白いし超絶技巧だと思うが、超絶技巧をマッチョに楽しむだけの本であって内容は別に面白くない
筒井をだいたい読んでる俺が勧めるエンタメ長編はパプリカ

22名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:18:55.38ID:jLcdax0X0
>>13
企業秘密です!

23名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:20:35.45ID:+rZH0oBfO
腸はどこへいった を超えるものはない

24名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:21:27.69ID:Audi0c6q0
驚愕の荒野なんて、今のラノベなんかよりよっぽどおもろいわなあ。

25名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:22:59.03ID:ngQdQTAR0
筒井康隆は、やっぱりすごい。

26名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:28:20.89ID:qX2o26eC0
>>9
とらえられたスクールバス、好き

27名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:28:58.35ID:4bi0vyYcO
>>21
パプリカも筒井なんだ。筒井の作品って結構実写やアニメ化されてんのね

28名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:30:23.28ID:G8s4pcPC0
何年か前に「旅のラゴス」が急に売れたこともあったな
どちらも30年も前の作品なんだが

29名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:31:13.68ID:Wt7J0DtC0
七瀬ふたたびは小学生の頃に読んだわ
マセてたけど精子がどうのとかはたぶん分かってなかった

30名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:35:58.27ID:Az87wUFG0
たばこのヤニで歯が真っ黄色だったけど...
メガキュア使い始めてから10日くらいで、ほとんど気にならなくなった
やっぱ芸能人が普段のケアで使ってるってだけあって効果が速い

31名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:37:26.74ID:Zq9c4i2e0
たくさん読んだが虚構船団で脱落した

32名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:38:16.48ID:lEvnPxWe0
泡坂妻夫とかもスゴいの書いてるよね
いくつも挟んである袋とじを破って読むと別のストーリーになるとか

33名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:38:31.92ID:lEvnPxWe0
>>31
コココココココココ

34名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:38:50.84ID:De4S/Xeu0
驚愕の荒野だろ

35名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:40:35.05ID:jLcdax0X0
>>11
妻に捧げた〜の方は何年か前に草g主演で映画化されたのに
5万部くらいしか売れてなかったってのが意外
内容は映画で見るから原作の売り上げには繋がらないのかな

36名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:41:21.03ID:eAfm2OXN0
後半まであまり違和感なく文章を書ける技術はすごいなと思ったけど
話自体は面白くなかったな

37名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:46:32.97ID:GKqURL170
今のうちにいっぱい言っておいた方がいいんでないかい?

38名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:47:07.32ID:kvD6agf+0
バブル期なら、たいていの実験小説なら、とっくに出尽くして後のような


広瀬正が直木賞の候補になってから、10年も後じゃないか

39名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:48:04.64ID:wwGaTZ+f0
カズレーザーが嫌い

40名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:48:28.42ID:xQbbqkV+0
筒井康隆は天才だよね
今、若い子たちが読んでも
間違いなく面白く読めると思う

41名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:50:39.18ID:ebjTeVd30
懐かしいなあ
20年くらい前に読んだ七瀬ふたたびは面白かったな

42名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:53:21.90ID:QsgeddM30
おかげさまでお相撲さん恐怖症が治らない

43名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:55:45.74ID:d8hFizXt0
20年ぐらい前に買ったなあ

>>9
それは勿体無い
「俺に関する噂」「最後の喫煙者」「笑うな」等の短編集がオススメ

44名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:56:48.18ID:SBpaeQkw0
筒井先生は天才
タイトル忘れたけど、出てくる鍵で過去にどんどん遡る短編を呼んだときは、凄いと思った。

45名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:57:28.47ID:1MAYoP7p0
同世代の星新一、小松左京も天才だったから恐ろしい時代だった

46名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:58:22.38ID:8+PjGYek0
筒井康隆死んだら日本で文豪って呼べる人いなくなるんじゃないか?

47名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:58:39.35ID:lE5Un8aa0
筒井先生預言者みたいなとこあるから面白い

48名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 21:59:42.84ID:1MAYoP7p0
>>43
最後の喫煙者は現実が近くなってきてるな

49名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:01:42.60ID:H8QhYA/G0
朝のガスパールは面白かったな。
朝日新聞の連載小説で、同時並行で開設されたパソコン通信の会議室の内容が反映されたりするんだが、
会議室内のあまりの罵詈雑言(いわゆる荒らし)にブチ切れて登場人物皆殺しにしたりw

50名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:02:09.14ID:nx9Kw9ev0
今さら筒井康隆は不適切だな。
読んでないやつの言葉。
たかがカートヴォネガットのコピーの村山春樹が受ける時代だし、仕方ない。

51名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:02:13.41ID:LxnCOGro0
みんなそんなに本読みたいんかな
別にいらないけど

52名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:04:48.57ID:jLcdax0X0
>>43
最後の喫煙者って世にも奇妙な物語で実写化されてるけど
あれと原作は大体同じ?

53名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:07:03.17ID:z89N9zeO0
日本美人と言われる人の15個の特徴
http://sttnews.xyz/20180113.html

54名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:08:25.71ID:u1niyI1r0
実験小説であり小説の最高峰は箱男だろう。

55名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:09:35.00ID:DYG0YjIg0
大学の先輩の本かよ

56名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:10:35.11ID:Q/LWt1Wg0
>>9
富豪刑事

57名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:14:04.42ID:aWY/UlGy0
>>7 キーボードに画鋲を付けて書いたのではなく
消えた文字のキーにテープを貼っていたようなことを
誰かとの対談で読んだ
平成初期前後に読んだ筒井作品は、文学部唯野教授、ロートレック荘殺人事件…
唯野教授のころに大学に通っていたけど、
生協に唯野教授や伝染るんです、コージ苑なんかが平積みになっていた記憶がある

58名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:20:18.07ID:irQ4b4E/0
同志社つながり?

59名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:20:35.29ID:u5lSS+3O0
カズレーザーは何か褒めるのも勧めるのも押しつけがましくなくて
サラッとしてるのが何事もいいんだな
おかげで全国の仕事してる宇治原の影が薄くなってしまった
その分関西で頑張るようになったので関西在住の宇治原ファンにとっては悪くはないが
フクザツ・・・

60名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:23:22.60ID:9PHJ6s7C0
「48億の妄想」インスタ映えの予言やな。

61名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:23:48.73ID:XjBLe+aU0
だから本屋で平積みになってたのか

62名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:44:55.90ID:k/5vJNw/O
「残像に口紅をひくシーン」で思わず涙を流した。
まさか実験小説で泣いてしまうとは思わなかった。

63名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 22:54:53.38ID:Wa12GhEM0
筒井同志社?

64名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:04:38.73ID:hbc6pIKD0
えっ、陰嚢録

65名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:06:18.09ID:Y2c6e2eN0
ビーバップハイヒールの人やんな

66名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:16:10.63ID:DIflTs2T0
小松左京も星新一も天才だけど、天才という言葉が一番似合ってしっくりくるのは筒井康隆だ

67名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:27:29.48ID:2GncHNa20
これを面白がれる人とは友達になれる

68名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:28:52.96ID:g77GwwCJ0
なんだかんだで 農協 月へ行く がシンプルに筒井の真骨頂な話だらけで一番面白い
今の若い連中が読んでも全然違和感を感じないだろう

69名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:39:36.70ID:0aJ9gbhH0
>>5
漫画で見たことあると思ったらそれだったか

70名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:40:53.35ID:0aJ9gbhH0
>>9
日本以外全部沈没

71名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:41:38.40ID:YqzKamax0
お紺昇天とか時代を先取りしすぎだもんなあ。

72名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:50:25.54ID:DLsVoiWu0
>>42
走る取的?
怖かったなよなー
筒井康隆は漫画も巧い

73名無しさん@恐縮です2018/01/13(土) 23:52:27.64ID:IqYI7jy50
>>26
それはたぶん眉村卓
妻に捧げるの人

74名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:01:44.28ID:XsXor9uh0
産業士官候補生

75名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:04:11.30ID:5yBRgZ2u0
>>9
七瀬は?七瀬は?

76名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:06:18.41ID:VVXvGDWM0
>>71
イチゴの日やメンズマガジン1977、最後の喫煙者あたりもSF作家だからってとこ以外で先進性が凄い
創作がどんどんリアルになってく恐ろしさ

77名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:06:49.47ID:5yBRgZ2u0
>>35
昔は原作有りの映画だと、原作を読んでからの映画か
映画を見てからの原作か、で小一時間議論したけどなー

78名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:08:16.70ID:wxzapzcu0
筒井って懐かしなあ
紹介文読むだけでも面白そうだもんな

79名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:10:31.81ID:LQuUMaQs0
大いなる助走
映画では、アーッ!

80名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:14:20.85ID:wxzapzcu0
>>75
七瀬シリーズはなんかトラウマ
思春期にあのドロドロは強烈だった

81名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:14:31.95ID:fNEbyYvB0
今筒井で紹介するなら「ビアンカ・オーバースタディ」だろ

82名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:14:48.77ID:jiqFa4AB0
朝日新聞的なものへの強烈な批判もとても先駆けてる。
はまって読んでた時もすごいとは思ってたけど
しばらく離れて、21世紀の今になってみると
本当にすごい人だと改めて思う。

83名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:15:21.34ID:+Ckuhny30
薬菜飯店に行きたいと思って早20年

84名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:15:25.12ID:exNWwgIC0
>>1
幽白の元ネタこれか!そういえば冨樫は筒井康隆のファンだったな

85名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:17:14.93ID:wxzapzcu0
星進一と筒井康隆は読んでたんだけど
小松左京はよんでないんだよな

筒井さんはまだ関西のテレビにでてるのかね?

86名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:18:39.81ID:JOKn+/np0
ミラーマンの時間としばらくウンコ見てなくて、あれ?そう言えばウンコどこいったんだろ?って思ったら彼女の家に巨大なウンコが!?
ってわけわからんのを読んだw

87名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:25:15.00ID:lMr5088n0
よく読んでたのは高校くらいまで
赤ちゃんを犯す描写から、全くついていけず読んでない

88名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:26:53.95ID:WVj8H8MJ0
創価学会による組織的な嫌がらせの手口 簡略版
文中にある被害者とは、創価学会の嫌がらせ行為の被害者の事です

■組織的な嫌がらせ行為に住民等を巻き込む方法
・被害者の居住圏の住民と、被害者の職場の同僚や上司に、創価学会員がデマを吹き込み、被害者への嫌がらせ行為を正当化すると同時に
 嫌がらせ行為への加担を依頼して協力者にする
・創価学会員が多くの住民組織で役員を務め、住民組織を動かせる状況を悪用して、被害者を不審人物や危険人物にでっち上げて
 住民組織と地域住民が地元の警察署と緊密に連携を図って行なっている、防犯パトロールの警戒対象者にしてしまい
 防犯パトロールを行っている住民達に、被害者に対して、尾行や監視、付き纏い行為等を行わせる(創価学会による嫌がらせ行為の代替行為)
・防犯パトロールに関与する地元警察署の警察幹部等を懐柔し、創価学会の協力者として抱き込む

■組織的な嫌がらせとして行われる具体的な行為
・(24時間体制の監視)被害者の自宅を、創価学会員や近所の住民らに共同で監視させる。被害者が外出した場合には、指定された電話番号に通報する
 指名手配犯のような監視網が敷かれており、住民らに被害者を見かけたら通報するようにとの情報がいきわたっている為、
 仮に創価学会員と近所の住民が気付ない間に外出しても、目撃した住民が指定された電話番号に通報する仕組みが出来上がっている
・(定点監視)被害者の位置情報が協力者に一斉送信され、被害者の位置に近い場所にいる協力者は、家の前に出て立ち話をするふりをしたり
 ごみ捨てのふりや歩道の草むしりのふりをしたりして被害者を待ち伏せし、自宅前を通過すると、その旨を指定された電話番号に通報する
・(移動監視)被害者の位置に近い場所にいる協力者は、通行人やジョギングの人間、自転車で被害者とすれ違う
 ※防犯活動として行われている為、建前上、被害者が犯罪を犯さないか監視する名目で行われているが、実態はただの付き纏いであり嫌がらせ
・(創価学会による監視と付き纏い、尾行)上述の二点とは別に、創価学会が会員を使い、定点監視や移動監視(付き纏い)、尾行を行っている
 車両による監視も行われ、その際には、被害者を盗撮し、その画像を協力者達にばら撒くという犯罪行為も行われている
・つまり、監視者の通報により、被害者の位置情報が正確に把握されており、その情報を基に、複数の人間で連携して監視するのが手口である
・被害者の位置情報を完全に把握している事を利用して、近くにいる警察車両を急行させて、被害者と故意に遭遇させる
 この被害に遭っている被害者は、外出時に必ず一台は警察車両と遭遇する(警察側は防犯効果を狙ったものと弁解するが、実際はただの付き纏い)
・被害者のところに警察車両、追加で消防車や救急車を急行させた際、緊急時でもないのに、赤色灯を回転させて、サイレンを鳴らす
 被害がもっとも激しい時だと、一度の外出に五台も六台も警察車両と遭遇し、全てが、赤色灯を回転させてサイレンを鳴らしている状態で
 こうした事が連日続き、その期間が三週間以上続く事もあり、何もしていないのに警察から付き纏われる精神的ストレスから
 被害を受けた人がノイローゼになったり、ストレス性疾患を発症する事もある(指示を出している警察幹部はバレたら懲戒免職)
・被害者が通り過ぎる際に、協力者にドア・引き戸・網戸等を音が出るように強く閉めさせる、咳やクシャミをさせる
 表向きは人が監視している事に気づかせて、防犯をしているとされますが、実際には被害者にこうした行為を続けて、音を聞かせ続ける事によって
 最終的には聴覚過敏症を引き起こさせると同時に、故意に行われる嫌がらせと自然音の区別をつかなくさせて、そこに過重ストレスを与える事で
 被害者に統合失調症を引き起こさせる事が狙いであると考えられています
 尾行や監視、付き纏いを含むその他の嫌がらせも、故意に行われる嫌がらせと偶然の区別がつかなくさせるのが目的(統合失調症発症の誘発が狙い)
・ストーカー行為で得た被害者の情報を利用して、その内容を想起させる言葉を協力者に喋らせたり、動作を取らせる事で、監視の事実を告げる嫌がらせ
・その他には待ち伏せさせた車両でハイビームを浴びせる、片目ライトの車を頻繁に遭遇させる、道を塞ぐ嫌がらせ、店舗内での嫌がらせ等

89名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:29:26.61ID:rnVDu1U10
>>77
それは角川の「Wの悲劇」のときのキャッチコピーだな
あれ凄くてさ

原作:山荘での殺人事件の話
映画:山荘での殺人事件「Wの悲劇」を舞台でやる俳優志願の女の子の青春物語

って全然原作を使ってねえのw
困ったことにそんな映画なのに超傑作

90名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:30:11.52ID:QvpiFKLh0
懐かしいなこれ
文字がつかえなくなってくやつだろ

91名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:32:08.75ID:Tj+iyJvV0
>>85
出てるよ
この前は筒井先生の自宅でロケしてた

92名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:35:15.61ID:hdifMdoz0
>>1
ヨシキのお菓子だのガクトの仮想通貨だの、まだこういうステマに騙される奴いるのか

93名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:40:47.59ID:jQw0JNVx0
最近良くメガキュアって目にするから物は試しだし買ってみた!
3日ぐらい使ったけど確かに自然な白さになっていくの実感できた!
口の中も常にスッキリしてていい感じ!ちょっと高級だけど買ってみて正解だった!

94名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:45:13.56ID:nh1tmwvq0
ああ、ついでに氷も…

95名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:47:10.10ID:/Y77Tn+l0
石原さとみと菅原文太で映画化された「わたしのグランパ」も筒井作品だな

96名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:47:26.39ID:5/iqDtRl0
筒井康隆のヤクザがホモセックスしてる小説が強烈
グロい話と一緒になってるけど時代だな
男同士でヤッてるシーンが生生しくて草

97名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:47:48.39ID:P+GCgwxh0
漫画化作品

東海道戦争:長谷邦夫
アフリカの爆弾:山上たつひこ
混乱列島:永井豪
ハウスジャックナナちゃん:赤塚不二夫
霊長類 南へ:古城武司
ジーザス・クライスト・トリックスター 山にのぼりて笑え:ひさうちみちお
富豪刑事:関口シュン
薬菜飯店:萩原玲二
パプリカ:萩原玲二
NANASE:山崎さやか
パプリカ:萩原玲二
時をかける少女:ツガノガク
時をかける少女 TOKIKAKE:琴音らんまる
ベトナム観光公社:石ノ森章太郎
家族八景:清原なつの
東京のたそがれ:深井国

98名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:48:37.66ID:P+GCgwxh0
テレビドラマ化作品

タイム・トラベラー(1972年、NHK)
中学生日記「廃塾令」(1978年、NHK)
芝生は緑(1979年、毎日放送)
七瀬ふたたび(1979年、NHK)
おとぎの部屋「ジャングルめがね」(1980年、NHK教育)
時をかける少女(1985年、フジテレビ)
家族八景(1986年、フジテレビ)
筒井康隆の三人娘(1986年、日本テレビ)
さんまの「おれは裸だ」(1988年、よみうりテレビ)
カラダ記念日(1989年、TBS)
世にも奇妙な物語(1991年 - 、フジテレビ)
 「ユリコちゃん」(1991年)
 「おれに関する噂」(1991年)
 「時の女神」(1994年)
 「最後の喫煙者」(1995年)
 「熊の木本線」(1996年)
 「自殺悲願」(1997年)
 「鍵」(2003年)
 「夢の検閲官」(2009年)
 「走る取的」(2014年)
 「通いの軍隊」(2016年)
月曜サスペンス「フェミニズム殺人事件」(1991年、テレビ東京)
時をかける少女(1994年、フジテレビ)
木曜の怪談 七瀬ふたたび(1995年 - 1996年、フジテレビ)
幻想ミッドナイト 怪物たちの夜(1997年、テレビ朝日)
七瀬ふたたび(1998年、テレビ東京)
フードファイト香港死闘篇(2001年4月1日 日本テレビ)
時をかける少女(2002年、TBS)
富豪刑事(2005年、テレビ朝日)
富豪刑事デラックス(2006年、テレビ朝日)
七瀬ふたたび(2008年、NHKドラマ8)
家族八景 Nanase, Telepathy Girl's Ballad(2012年、毎日放送)
時をかける少女(2016年、日本テレビ)

99名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:49:09.67ID:P+GCgwxh0
映画化作品

俺の血は他人の血(1974年)
二人でお茶を(1979年)
素敵なあなた(1980年)
スターダストライジング(1980年)
歪み-SCREW(1980年)
ウィークエンド・シャッフル(1982年)
俗物図鑑(1982年)
時をかける少女(1983年)
家族八景(1984年)
ジャズ大名(1986年)
スタア(1986年)
文学賞殺人事件 大いなる助走(1989年)
男達の描いた絵(1990年)
怖がる人々(1994年)
男たちのかいた絵(1996年)
時をかける少女(1997年)
わたしのグランパ(2003年)
時をかける少女(2006年)
日本以外全部沈没(2006年)
パプリカ(2006年)
七瀬ふたたび(2010年)

100名無しさん@恐縮です2018/01/14(日) 00:51:21.77ID:h2owxIAD0
朝ドラあまちゃんで旧名能年が女優になるために猛勉強するってとこで
筒井の全集読破するってシーンが一瞬流れてさすがクドカンと思ったの思い出しだ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています