【4565】そーせいG 469 【J.P.モルガン ヘルスケア カンファレンス】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1山師さん@トレード中 (ワッチョイ 19c3-Oud1 [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/02(水) 21:31:01.57ID:gn5WbdVd0

631山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 17:00:43.58ID:/A5gTtv90
※フィスコ:[マザーズ市況]マザーズ指数は3日続伸も、戻り売り圧力を意識。(1/16 16:37) 
本日のマザーズ指数は3日続伸となった。前日のナスダック総合指数が3日ぶりの反発となり、7000pt台を回復したことから、
テクノロジー関連銘柄の多いとされるマザーズ市場は本日も引き続き買い先行でのスタートになった。
警戒されていた英議会下院における欧州連合(EU)離脱案否決に関しては、
想定内と受け止める向きが多く、好決算銘柄や材料株に対する個人投資家の物色は継続した。
一方で、節目の900ptを上回った水準での戻り売り圧力も意識され、買いの勢いは全体には波及しにくかった。
なお、売買代金は概算で1209.06億円。騰落数は、値上がり144銘柄、値下がり119銘柄、変わらず10銘柄となった。

632山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 17:01:36.94ID:/A5gTtv90
・・・

633山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 17:01:46.46ID:/A5gTtv90
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEIの成長相場の動向:
2018/10/26 (終値_878) 売残高___100 買残高_8272800 ・(10/26安値_844)※
2018/11/_2 (終値_935) 売残高___100 買残高_7943400 ・(10/30安値835)※
2018/11/_9 (終値1135) 売残高134700 買残高_6853700 ・(11/_5安値_918)※11/8:第2四半期決算説明会[11/9ストップ高]
2018/11/16 (終値1039) 売残高_35700 買残高_6988100 ・(11/13安値_987)
2018/11/22 (終値1060) 売残高_35500 買残高_6811900 ・(11/21安値1027)
2018/11/30 (終値1105) 売残高_26100 買残高_6606300 ・(11/26安値1046)
2018/12/_7 (終値_966) 売残高_26100 買残高_6881600 ・(12/_7安値_960)

634山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 17:02:44.54ID:/A5gTtv90
2018/12/14 (終値_976) 売残高_32300 買残高_7209700 ・(12/13安値_890)
2018/12/21 (終値_810) 売残高_26100 買残高_7061600 ・(12/21安値_798)※
2018/12/28 (終値_799) 売残高______ 買残高________ ・(12/25最安値748)※
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780)※[大発会]
2019/_1/11 (終値1110) 売残高__9300 買残高_6321800 (+160200)※1/16up ・(1/_7安値_898) ※1/7:AZD4635第U相[1/8ストップ高]
2019/_1/15 (終値1167) 5日線乖離(+2.66%) 25日線乖離(+23.56%) 75日線乖離(+12.70%) 200日線乖離(-19.61%) (安値1093)
2019/_1/16 (終値1174) 5日線乖離(+1.56%) 25日線乖離(+23.70%) 75日線乖離(+13.30%) 200日線乖離(-18.84%) (安値1161)

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

635山師さん@トレード中 (ラクペッ MMfb-JK55 [134.180.6.158])2019/01/16(水) 17:07:24.90ID:Y53ygXV6M
M1キテー

636山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 18:00:57.94ID:JK4C2bHu0
update:
・・・
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares). (1/3 Published)
※Greg Osborne (Sosei Heptares): "Congrats to Those Involved Sosei Heptares". (1/3) ※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the Rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" View Sosei Heptares Publications. (1/5)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares). (1/6up)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor with Clinically Used Antagonists from the Pluckthun Lab and Their Collaborators Sosei Heptares Andrew Dore." (1/9)
※University of Zurich (UZH), Media Release: "How Medicines Relieve Side Effects of Chemotherapy." A team of researchers at UZH's Institute of Biochemistry under the direction of Prof. Andreas Pluckthun has now succeeded in solving this puzzle by examining. (1/10)

637山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 18:01:14.88ID:JK4C2bHu0
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "Crystal Structure of the Neurokinin 1 Receptor in Complex with the Small Molecule Antagonist: 6HLL, 6HLO, 6HLP". (1/16 Released)
Released: 2019/1/16
・”6HLL: Crystal structure of the Neurokinin 1 receptor in complex with the small molecule antagonist CP-99,994”.
・”6HLO: Crystal structure of the Neurokinin 1 receptor in complex with the small molecule antagonist Aprepitant”.
・”6HLP: Crystal structure of the Neurokinin 1 receptor in complex with the small molecule antagonist Netupitant”.
(Literature: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists. (Schoppe, J., Ehrenmann, J., Klenk, C., Rucktooa, P., Schutz, M., Dore, A.S., Pluckthun, A.). Nature Communications (2019) 10: 17-17 ")

638山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 18:01:49.32ID:JK4C2bHu0
※Sosei Heptares:「第37回J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス プレゼンテーション資料(和文)」。日本語版作成しました。(1/16up)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47777/00.pdf

639山師さん@トレード中 (スップ Sd7f-CmcQ [1.75.2.183])2019/01/16(水) 18:03:22.20ID:wQmdOByed
CGRPキテー

640山師さん@トレード中 (ワッチョイW 7f1b-7Gyc [153.200.103.127 [上級国民]])2019/01/16(水) 18:17:40.88ID:YQlsQABs0
もうここはこいつの個人スレだな

641山師さん@トレード中 (オイコラミネオ MM3b-yuOA [150.66.69.112])2019/01/16(水) 18:26:30.27ID:Dm3pk4bjM
chiさんのために負け犬が四六時中保守し続けてくれて助かるわ

642山師さん@トレード中 (オイコラミネオ MM3b-WOxT [150.66.84.219])2019/01/16(水) 18:28:40.57ID:uB3dBVrsM
>>640
いや最初からそうだしそもそもスレ立ててるのもchiだぞ

こねえ

644山師さん@トレード中2019/01/16(水) 19:59:35.70ID:1tl6amJv
>>638
ようやく出してきたか
英語版と同時進行で作成しとけよなぁ

645山師さん@トレード中 (ワッチョイW 87e5-JK55 [160.86.207.5])2019/01/16(水) 20:20:37.63ID:sA9fC3qV0
明日はストップ!

ヘプタレス金食い虫ヘプタレスりすとらしないと株価上がんないよ

647山師さん@トレード中 (アウアウエー Sa9f-PfJe [111.239.163.39])2019/01/16(水) 21:06:12.29ID:04JKAsM8a
オッペケは使えねーなーageて書き込めよカス
ただでさえ生きてる意味ねーんだから少しくらい何かの役に立つことしろ

648山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 21:31:39.82ID:tgI5oBUr0
ちなみに
※そーせいCVC:HP( http://www.soseicvc.com/ )更新。(1/15update)
お知らせ:
・2019.01.01 当社社名をそーせいCVC株式会社に変更しました。
・2018.12.17 Sosei RMF1から株式会社JUNTEN BIOへの投資を実行しました。

そーせいコーポレートベンチャーキャピタル株式会社(以下「そーせいCVC」)

そーせいCVC株式会社(旧そーせいコーポレートベンチャーキャピタル株式会社、以下「そーせいCVC」)

649山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 21:32:06.09ID:tgI5oBUr0
会社概要:
商号:そーせいコーポレートベンチャーキャピタル株式会社
資本金:10百万円
事業内容:Sosei RMF1投資事業有限責任組合(再生医療ファンド)の運営
代表取締役:Peter Bains
株主構成:そーせいグループ100%(新生企業投資が5%出資予定)
※そーせいCVC は、そーせいグループ株式会社の連結子会社です。

商号:そーせいCVC株式会社
資本金:35百万円
事業内容:Sosei RMF1投資事業有限責任組合(再生医療ファンド)の運営
代表取締役:南 善宏
株主構成:そーせいグループ90%
※そーせいCVC は、そーせいグループ株式会社の連結子会社です。

650山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-e5xC [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/16(水) 21:32:26.25ID:tgI5oBUr0
メンバー:
代表取締役 Peter Bains

代表取締役 南 善宏
製薬会社にて製剤研究・臨床開発・薬事・営業プロダクトマネージャーを経験後、株式会社そーせいに入社。現職にて日本の医薬品開発における薬事業務全般に従事。
薬事経歴が長いことから、これまでSosei RMF1投資事業有限責任組合の運用においては、連絡会議メンバーとして、主に薬事面からの貢献をしている。
・株式会社そーせい 取締役薬事本部長
・元アステラス製薬株式会社 執行役員
・東京大学大学院終了(薬学修士)
・東京大学薬学部卒業

651山師さん@トレード中 (ワッチョイ 87c3-V+wx [202.124.48.6])2019/01/16(水) 22:00:17.45ID:tgI5oBUr0
※Biochemical Society Transactions: ”Cryo-EM in Drug Discovery”. (1/16up)
・Tom Ceska (UCB), Chun-Wa Chung (GSK), Rob Cooke (Heptares), Chris Phillips (IMED AstraZeneca) and Pamela A. Williams (Astex)
・(Biochemical Society Transactions Jan 15, 2019, BST20180267; DOI: 10.1042/BST20180267)
・Published online January 15, 2019.
Abstract
The impact of structural biology on drug discovery is well documented, and the workhorse technique for the past 30 years or so has been X-ray crystallography.
With the advent of several technological improvements, including direct electron detectors, automation, better microscope vacuums and lenses,
phase plates and improvements in computing power enabled by GPUs, it is now possible to record and analyse images of protein structures containing high-resolution information.
This review, from a pharmaceutical perspective, highlights some of the most relevant and interesting protein structures for the pharmaceutical industry
and shows examples of how ligand-binding sites, membrane proteins, both big and small, pseudo symmetry and complexes are being addressed by this technique.

chiさんが纏めてくれるのマジでありがてえ

653山師さん@トレード中 (スップ Sd62-LVbm [1.75.2.183])2019/01/17(木) 02:23:49.93ID:AJ//BH44d
しょ、しょーせい!しょーせい( ´ ▽ ` )ノ

654山師さん@トレード中 (ワッチョイ cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 05:45:35.86ID:7OinPSoT0
Sosei RMF1投資先
※株式会社 JUNTEN BIO:企業紹介:
再生医療分野の新技術を開発する順天堂大学発スタートアップ。
ジーンテクノサイエンスの元会長である河南雅成が代表を務め、2018年6月に設立。主な事業は、免疫抑制剤不要で臓器移植が可能になる技術、免疫寛容誘導技術の開発である。
これまでは、肝臓や腎臓などといった臓器を患者に移植した際、感染症や副作用などを防ぐために臓器提供を受けた患者は一生にわたり免疫抑制剤を服用する必要があった。それにより薬剤費の高額化が課題となっていた。
同社ではそれらの課題を解決する技術を開発しており、これまでの臨床研究では成功例も複数出ているという。
また、同技術は自己免疫疾患、花粉症、食物アレルギーなど免疫系に関わる多くの疾患・症状に対する新たな治療法となることも期待できるという。
かねてより順天堂大学がこれらの免疫寛容誘導技術に関する研究を行なっていたが、事業性の高さから同社の起業に至った。
2018年12月には12億円に及ぶ資金調達を実施。今後は臨床試験を進めていき、2022年までの条件付承認で実用化を目指す。
(資金調達情報:資金調達日 2018.12.17、総資金調達金額 1,200百万円)

655山師さん@トレード中 (ガクブル cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 05:46:48.54ID:7OinPSoT0EQ
※ジーンテクノサイエンス:「株式会社JUNTEN BIOにおける学校法人順天堂との共同研究成果の事業化推進についてのお知らせ」(2018/10/26)
当社は、2017年2月27日付で締結した学校法人順天堂との免疫寛容誘導に関する共同研究開発契約に基づき得てきた研究成果の事業化を加速させるべく、
その目的のために設立された株式会社 JUNTEN BIOに、これまでの研究成果を承継することを目的に譲渡契約書を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
地位承継の経緯及び概要:
当社は、順天堂が進めている研究テーマの一つである免疫寛容誘導技術に着目し、自己免疫疾患、移植、花粉症、食物アレルギーなど免疫系に関わる多くの疾患・症状に対する新たな治療法の実用化に向け、
2017年2月27日付で順天堂と共同研究開発契約を締結し、共同で研究開発を行ってまいりました。
今般、これらの研究成果の実用化をより加速させるためには、当該研究開発を専門に行う会社を設けることが最善であるとの判断に至り、同趣旨によって設立されたJUNTEN BIOに対し、
当社はこれまで行ってきた知的財産等の研究成果の地位を同社へ承継することについて合意いたしました。
また、地位承継に係る譲渡物は細胞株等の有形のものを含みますが、当該譲渡物を当社が取得した際は研究開発費として支出しており、現時点で貸借対照表上の固定資産に計上されておりません。
なお、当該譲渡における譲渡価額は地位承継先の要請により非開示とさせて頂きます。
以上の地位承継を経て、今後の研究開発はJUNTEN BIOが引き継いで実施し、早期の事業化に向けて活動してまいります。

656山師さん@トレード中 (ガクブル cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 05:47:23.49ID:7OinPSoT0EQ
※みらかホールディングス:「株式会社JUNTEN BIOへの出資及び同社と株式会社エスアールエルの業務提携に関するお知らせ」(2018/12/17)
当社は、本日付けで、株式会社JUNTEN BIOの一部株式(総額1億円にて第三者割当増資の方法)を引受けました。
また、これに先立つ 2018年12月11日付で、当社の連結子会社である株式会社エスアールエルがJUNTEN BIOとの間で業務提携契約を締結しましたので、併せてお知らせいたします。
出資及び業務提携の理由:
JUNTEN BIOが知見を有し主導する臓器移植後の免疫寛容誘導細胞治療技術の事業化に向けた研究事業に関連して、相互の知見及びネットワークその他の有形・無形の経営資源を相互に有効活用することにより、
両者の事業の発展を図るとともに、わが国の免疫関連疾患分野における再生医療等製品の開発を通して医療の発展に貢献することを目的とするものです。
また、かかる業務提携を円滑に推進することを目的として、併せてJUNTEN BIOへの出資を実施いたしました。
業務提携の概要:
・SRLと JUNTEN BIOは、本事業に関連する一部の検査方法について、共同で研究及び開発を行います。
・SRLは、JUNTEN BIOの事業に関連する検体検査業務及び治験支援業務を受託いたします。
・SRLと JUNTEN BIOは、人材の交流を行うとともに、検査以外の関連業務における協業の可能性について検討を進めます。

657山師さん@トレード中 (ガクブル cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 05:47:43.96ID:7OinPSoT0EQ
※メディネット:「株式会社JUNTEN BIOと再生医療等製品の製造技術の開発委受託契約締結のお知らせ」(2018/12/18)
当社はこの度、株式会社JUNTEN BIOとの間で、JUNTEN BIOが学校法人順天堂と共同開発中の臓器移植後の拒絶反応の抑制を目的とした再生医療等製品の製造技術の開発委受託契約を締結いたしましたのでお知らせします。
当社は、これまで蓄積してきた細胞加工技術を用い、本契約下で本製品の製造工程などの開発を行い、JUNTEN BIOによる本製品の開発・製品化の加速に寄与することになります。
現在の臓器移植では、臓器移植を受けた患者自身の体内免疫が、新しく提供された移植臓器を攻撃してしまう拒絶反応を防ぐために、免疫抑制剤を服用することが一般的な治療方法となっています。
一方で免疫抑制剤は、臓器移植を受けた患者自身がもともと有していた免疫を全体的に抑えてしまうため、長期間の服用で細菌やウイルスなどに対する抵抗力が弱くなり、重い感染症などに罹患しやすく
なります。そのため免疫抑制剤の服用は、多くは一生の間、患者の容体に合わせて、きめ細かく投与量を調節しながら、拒絶反応をコントロールしていく必要があります。
今回、順天堂大学大学院医学研究科アトピー疾患研究センターで確立された免疫寛容を誘導する細胞加工技術は、これまで腎移植、肝移植を受けた患者を対象として行われた臨床研究に用いられています。
当該臨床研究では、免疫抑制剤の投与量の低減もしくは服用の必要がなくなるという事例が認められており、臓器移植がより身近な医療につながる日本発の技術として、世界中から注目されております。
当該技術につきましては、この研究成果の事業化を加速させるために設立された JUNTEN BIOが、順天堂と共同研究開発を進めています。

658山師さん@トレード中 (ガクブル cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 05:47:57.28ID:7OinPSoT0EQ
・・・

659山師さん@トレード中 (ワッチョイ cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 06:00:36.79ID:7OinPSoT0
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」会長兼任の社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指します。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(2019/1/1)
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284 B2). (1/1公開)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares_HP:Scientific and Medical Events up: Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 18:00-20:00): (Host: Heptares. Location: Granta Park): Richard Henderson, MRC LMB (2/13 18:10), Stacey Southall, Sosei Heptares. (2/13 18:55). (1/3up)
※Greg Osborne (Sosei Heptares): "Congrats to Those Involved Sosei Heptares". (1/3) ※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the Rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" View Sosei Heptares Publications. (1/5)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares). (1/3 Published) (1/6up)

660山師さん@トレード中 (ワッチョイ cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 06:01:02.49ID:7OinPSoT0
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635の開発でマイルストンを達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス(1/7)」Sosei Heptares Presentation: Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals. (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「JPモルガン ヘルスケアカンファレンスに参加」CFOのクリスカーギルがプレゼンを行いました。当社のプレゼンでは、当社の強みや戦略に加えて、アストラゼネカからのマイルストン受領を発表致しました。(1/8)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease". (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から、第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8up)
※米国特許(Heptares):Stable Proteins (US Patent 10174101 B2). (2019/1/8公開)
※J.P. Morgan Healthcare Conference, Biotech Showcase 2019 - The Investor Conference that Drives the Future of Drug Development: Company Presentations, MiNA Therapeutics: (1/8 Presented)
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "6IBL: Activated Turkey Beta1 Adrenoceptor with Bound Agonist Formoterol and Nanobody Nb80", Literature: "Molecular basis for high affinity agonist binding in GPCRs" (Warne, T., Edwards, P.C., Dore, A.S., Leslie, A.G.W., Tate, C.G.). (1/9 Released)
※欧州特許(Heptares):Mutant Proteins and Methods for Selecting Them (Inventors: Heptares& MRC LMB) (European Patent EP2247951 B1). (1/9公開)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor with Clinically Used Antagonists from the Pluckthun Lab and Their Collaborators". Sosei Heptares, Andrew Dore. (1/9)
※Sosei Heptares:知識:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」英国薬理学会主催のPharmacology2018(12/18-20)に出席し、二つの発表。[免疫腫瘍学におけるGPCRの研究への取り組み] [ヒスタミンH4受容体における結合アッセイ技術の評価試験] (1/10up)

661山師さん@トレード中 (ワッチョイ cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 06:01:32.45ID:7OinPSoT0
※JITSUBO:「関西バイオビジネスマッチング2019(2/8)への参加」(事前設定商談) 独自技術Molecular Hivingを用いた提案。ペプチド医薬品、化粧品の新規研究の初期段階の研究用サンプル。臨床試験前の設備投資段階の治験薬、プロセス開発。販売後の製造コスト低減の原薬製造プロセス開発。(1/10up)
※University of Zurich (UZH), Media Release: "How Medicines Relieve Side Effects of Chemotherapy." A team of researchers at UZH's Institute of Biochemistry under the direction of Prof. Andreas Pluckthun has now succeeded in solving this puzzle by examining. (1/10)
※CambridgeIndependent: "Sosei Heptares Receives $15m for Cancer Therapy Milestone". AstraZeneca said: “It is increasingly recognised that the adenosine pathway is critical in tumour immunosuppression and AZD4635 complements our portfolio in this area.” (1/10)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Vectura Presentation: "In-Maket Sales: Ultibro $515m; Ultibro & Seebri Total $688m, Growth 7.9%; LAMA/LABA Value Share Europe: Ultibro 47%; Potential Key Growth Catalysts: China; Key 2019 Catalysts: QVM149 PV Results and Submission." (1/11up)
※日経メディカル:最新DIピックアップ:「【新薬】ミコナゾール(オラビ)1日1回上顎歯肉に直接付着させる口腔咽頭カンジダ症治療薬」口腔粘膜に長時間付着させることができるため、唾液中ミコナゾール濃度を長時間維持できることから、1日1回投与が可能となった。(1/11)
※Oncogene: "Mechanisms Involved in the Activation of C/EBPα by Small Activating RNA in hepatocellular Carcinoma". This study provides insight into how different HCC lines are affected by CEBPA-saRNAs. (1/14 Published)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Record Verification: January 2019. Research Site Status (Change): Chicago”[Recruiting]”. (1/14update)
※そーせいCVC:HP更新:2019.01.01 当社社名を「そーせいCVC株式会社」に変更。代表取締役 Peter Bains→代表取締役 南善宏:これまでSosei RMF1投資事業有限責任組合の運用においては、連絡会議メンバーとして、主に薬事面からの貢献。(株式会社そーせい 取締役薬事本部長)。(1/15update)
※Biochemical Society Transactions: ”Cryo-EM in Drug Discovery”. (Tom Ceska (UCB), Chun-Wa Chung (GSK), Rob Cooke (Heptares), Chris Phillips (IMED AstraZeneca) and Pamela A. Williams (Astex)). Accessing a Krios Microscope. (1/16 Published)
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "Crystal Structure of the Neurokinin 1 Receptor in Complex with the Small Molecule Antagonist: 6HLL, 6HLO, 6HLP". (Literature: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists). (1/16 Released)
※Sosei Heptares:「第37回J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス プレゼンテーション資料 (和文)」。日本語版作成しました。https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47777/00.pdf (1/16up)
・・・

662山師さん@トレード中 (ワッチョイ cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 06:02:32.73ID:7OinPSoT0
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※中長期計画[成長回収期の入口]
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章]→※米国承認[次なる飛躍へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]
2018/12/28 (終値_799) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※PL拡充[再びの拾い場へ]→※SoseiHeptares始動[拾い場]
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780)※[大発会]
2019/_1/11 (終値1110) 売残高__9300 買残高_6321800 (+160200)※1/16up ・(1/_7安値_898) ※1/7:AZD4635第U相[1/8:ストップ高]
2019/_1/15 (終値1167) 5日線乖離(+2.66%) 25日線乖離(+23.56%) 75日線乖離(+12.70%) 200日線乖離(-19.61%) (安値1093)
2019/_1/16 (終値1174) 5日線乖離(+1.56%) 25日線乖離(+23.70%) 75日線乖離(+13.30%) 200日線乖離(-18.84%) (安値1161)
2019/_1/17

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

663山師さん@トレード中 (ラクペッ MM17-fsJT [134.180.6.203])2019/01/17(木) 07:06:45.44ID:wM/U39kgM
キテー

664山師さん@トレード中2019/01/17(木) 07:27:26.81ID:FNk6Ycj8
サンタモーニカ〜

665山師さん@トレード中 (ワッチョイ cbc3-BFZn [202.124.48.6 [上級国民]])2019/01/17(木) 07:30:58.76ID:7OinPSoT0
1/17up:
※BioRxiv: New Results: "Identification of Compounds that Rescue Otic and Myelination Defects in the Zebrafish Adgrg6 (GPR126) Mutant": (University of Sheffield, Sosei Heptares). (1/16 Posted)
Elvira Diamantopoulou 1, Sarah Baxendale 1, Antonio de la Vega de Leon 2, Anzar Asad 1, Celia J. Holdsworth 1, Leila Abbas 1, Valerie J. Gillet 2, Giselle R. Wiggin 3 and Tanya T. Whitfield 1.
1.Bateson Centre and Department of Biomedical Science, Sheffield, 9 S10 2TN, UK.
2.Information School, University of Sheffield, Sheffield, S1 4DP, UK.
3. Sosei Heptares, Steinmetz Building, Granta Park, Cambridge, CB21 6DG, UK.
Abstract:
Adgrg6 (Gpr126) is an adhesion class G protein-coupled receptor with a conserved role in myelination of the peripheral nervous system.
In the zebrafish, mutation of adgrg6 also results in defects in the inner ear: otic tissue fails to down-regulate versican gene expression and morphogenesis is disrupted.
We have designed a whole-animal screen that tests for rescue of both up- and down-regulated gene expression in mutant embryos, together with analysis of weak and strong alleles.
From a screen of 3120 structurally diverse compounds, we have identified 68 that reduce versican b expression in the adgrg6 mutant ear, 41 of which also restore myelin basic protein gene expression in Schwann cells of mutant embryos.
Nineteen compounds unable to rescue a strong adgrg6 allele provide candidates for molecules that interact directly with the Adgrg6 receptor.
Our pipeline provides a powerful approach for identifying compounds that modulate GPCR activity, with potential impact for future drug design.
・BioRxiv First Posted Online Jan. 16, 2019.
https://www.biorxiv.org/content/early/2019/01/16/520056
https://www.biorxiv.org/content/biorxiv/early/2019/01/16/520056.full.pdf

666山師さん@トレード中2019/01/17(木) 08:28:41.02ID:y1jDhm2b
バカルサ〜w

ヘプタレスの研究仕訳して選択と集中で不要なのは切り捨てる覚悟を公表せい もう一刻の猶予もなし ジジイ早く決断せい

668山師さん@トレード中 (ワッチョイW ce0b-azRT [111.108.25.19])2019/01/17(木) 09:26:14.00ID:90XtLWy+0
空売りの焦りが見えるね

669山師さん@トレード中 (アークセー Sx3f-fsJT [126.164.30.206])2019/01/17(木) 09:46:39.46ID:Bqhcsjajx
>>667
クズ中のクズ
チンカスに生えたカビの胞子
朝鮮人

田村ジジイ早く決断せい 赤字決算で下がるの明白 今のうちに株価上げんと下げ余地ないぞ

頭悪いリストラ論はもういいって

672山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp3f-W1Jf [126.199.222.129])2019/01/17(木) 11:44:33.20ID:CTSyOvkXp
>>667
一番の不要人物だったピーターを切ったじゃん
それだけで博士研究員を30人以上リストラしたようなもの

673山師さん@トレード中2019/01/17(木) 11:50:01.74ID:y1jDhm2b
バカルサの嫌がらせでしょw

674山師さん@トレード中 (ラクペッ MM17-fsJT [134.180.5.135])2019/01/17(木) 12:07:14.01ID:odbt5eokM
喘息キテー

主力部門をリストラしろって発想がルサリを極めてんね

どうせ引けは1190以下
週25平均線超えられないのがそーせい

677山師さん@トレード中2019/01/17(木) 13:19:56.93ID:y1jDhm2b
バカルサーwww

678山師さん@トレード中 (アウアウエーT Sa7a-LxSt [111.239.211.92])2019/01/17(木) 14:53:47.94ID:vu46cfhGa
ルサリもむなしく(笑)

679山師さん@トレード中 (スッップ Sd42-qNyt [49.98.169.27])2019/01/17(木) 14:57:26.39ID:aPQWzMDjd
こんだけ連日上髭つけた反動は凄そうだね
年安割ってどこまで下がるか…

680山師さん@トレード中 (オイコラミネオ MMc7-qe/O [150.66.84.77])2019/01/17(木) 15:03:24.61ID:WIx4byqDM
毎日毎日単発ネガコメご苦労様です

681山師さん@トレード中 (ラクペッ MM17-fsJT [134.180.6.6])2019/01/17(木) 17:13:30.68ID:M86PtXfyM
キテー!!

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています