【4565】そーせいG 463 【SOSEI第2四半期決算・決算説明会:11/8】

1山師さん@トレード中 (ワッチョイ cb8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 13:09:04.01ID:ZZIe0E360
関連URL
http://www.sosei.com
http://www.heptares.com
http://www.jitsubo.com
http://www.soseicvc.com
http://minatx.com
http://www.pluristem.com
※前スレ
【4565】そーせいG 462 【SOSEI第2四半期決算発表・決算説明会:11/8】
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1540506639
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

2山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 13:09:37.51ID:ZZIe0E360
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI 2018年12月期第1四半期決算:研究開発費1,826百万円(69.5%増加) 97.3%は英国活動。プラットフォームを引き続き拡充。当社グループは13品目が創薬段階、5品目が前臨床試験中、4品目(レビー小体型認知症(DLB)患者を対象とした日本におけるMATILDA前期第U相試験を含む)が臨床試験中。(8/9)
※フィスコ:そーせいグループのフィスコ二期業績予想。自社パイプラインを拡大。18.12期1Qは研究開発投資先行で減益。変則9ヵ月決算に移行。自社開発が順調に進展。HTL18318のレビー小体型認知症の国内フェーズ2試験が開始間近。株価1300円処強固で、反発間近か。(8/19)
※Minkabu Press:【材料】バイオ関連株が軒並み高、新興市場底入れの動きに乗って短期資金が再攻勢。バイオ関連の一角は個人投資家だけでなく一部海外機関投資家の買いが絡んでいるとの見方もあるようだ。(8/23)
※五味大輔(個人)そーせいグループ株に係る変更報告書:保有割合は7.16%(7/19)→8.24%(1.08ポイント増加)。保有目的は「純投資」。(報告義務発生日8/20、8/24提出)
※ClinicalTrials(NCT03379233): Ultibro(Phase3): "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": Study to Evaluate the Effect of Reminder Notifications and Motivational/Adaptive Messaging on Treatment Adherence. Change Status: "Recruiting". Start: "2018/7/11[Actual]". (8/27update, Recruiting)
※ClinicalTrials(NCT03379233): Ultibro(Phase3): "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": Study to Evaluate the Effect of Reminder Notifications and Motivational/Adaptive Messaging on Treatment Adherence. Change Status: "Recruiting". Start: "2018/7/11[Actual]". (8/27update, Recruiting)
※SOSEI:9月4日付の日本経済新聞本誌に弊社記事「3年平均の研究開発費、未来へ投資果敢に 1位、そーせいグループ新薬開発、世界から注目(NEXT1000)」が掲載。18年末までに3品目の臨床試験を国内で始め、19年末までに6品目まで増やす予定だ。研究開発のアクセルを踏む状況は続く。(9/5)
※JPモルガン・アセット・マネジメント大量保有報告書。共同保有割合:5.77%、筆頭保有割合:5.16%。保有目的は「投資一任契約および投資信託による純投資を目的として保有している」。(報告義務発生日:8/31、9/5提出)
※Vectura Interim Result: Ultibro and Seebri Continue to Perform Well in-Market with Ultibro Sales Up 11.5% CER Globally in H1 2018, 21.8% on an Actual Basis. QVM149: Novartis Expects the Phase III Study Data Readout and Regulatory Submission in 2019. (9/11)
※Vectura Presentation:"Ultibro Retains Ex-US Class Leadership". Potential: US Success of Utibron Dependent on 2019 Uptake in Insurance Coverage. China Ultibro and Seebri Approved in 2017/2018. Consensus 2024 Sales Ultibro/Utibron $736m, Seebri $213m. (9/11)
※四季報:【2018-2019業績予想(6/15→※8/17)更新】。【赤字継続】研究開発費の増加幅圧縮効果見込むが赤字拡大。開発マイルストーン増加だが開発費高負担続く。【進捗】レビー小体型認知症薬は治験2相入り間近。ノバルティス導出関連は中国で認可取得、国内の追加適応申請は19年予定。(9/14更新)
・18._9中予_売上高1,900百万円、営業利益-4,000百万円、税前利益-4,000百万円、純利益-3,900百万円、1株益-51.2円
・18.12予__売上高2,900百万円、営業利益-6,700百万円、税前利益-6,700百万円、純利益-6,500百万円、1株益-85.3円
・19.12予__売上高8,000百万円、営業利益-3,500百万円、税前利益-4,000百万円、純利益-4,300百万円、1株益-56.4円

3山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 13:09:55.52ID:ZZIe0E360
※SOSEI:HTL0018318 サル対象長期毒性試験にて予期しない毒性所見。患者さまの安全を最も重要と考えるポリシーに基づき、詳細内容が把握できるまで安全性上の予防的措置として臨床開発を自主的に中断。米国第T相試験・日本第U相試験:最短でも6ヶ月の遅れ。(9/18)
・本件に関する調査の費用はAllergan社が負担。HTL0018318のADに関する開発タイムラインへの影響から、Allergan社からの重要なマイルストンに関する収益は2019年には見込まれなくなり、同年の売上収益への影響が見込まれます。
・2018年12月31日までの9ヵ月間では、当社の外部委託費の減少による研究開発費の減少が見込まれます。なお、今回のHTL0018318の臨床開発の自主的な中断が、自動的に資産およびのれんの減損につながることはありません。
・当社は、今回の自主的な中断による財務上の影響について精査を行い、関連する資産の簿価に影響を与えると判断される場合には、2018年11月8日発表予定の第2四半期連結決算で開示いたします。また、2018年12月期の連結業績予想につきましても、最新情報を開示いたします。
※ClinicalTrials(NCT03592862: HTL0018318-203): Phase 2, A Study to Assess Safety, Tolerability, and Efficacy of HTL0018318 (DLB). Study Start: 2018/8→"2018/9". Change Study Status: Recruiting→"Suspended"(Pending investigation of an unexpected animal toxicology finding). (9/19update, "Suspended")
※アイフィス株予報:日系中堅証券(いちよし)、そーせいレーティング強気(A)継続。目標株価は3,250円(8/20)→3,000円。目標株価コンセンサスは3,247円(アナリスト数8人)。(9/19)
※SOSEI:MiNA社が進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPA臨床試験の最新情報を国際肝癌研究会年次総会で発表。臨床試験終了後に引き続き完全奏功が認められた。併用治療を臨床的評価するために現在進行中の実施計画を修正予定。(9/19)
※アイフィス株予報:日系中堅証券(いちよし)、そーせいレーティング強気(A)継続。目標株価は3,250円(8/20)→3,000円。目標株価コンセンサスは3,247円(アナリスト数8人)。(9/19)
※日本経済新聞:認知症向け治療候補薬開発を中断発表したことが引き続き売り材料視。みずほ証券は「中断ではなく開発が中止となった場合、10年後のそーせいの売上高の2割程度が消失する可能性がある」とみており、業績への悪影響を警戒した売り注文が膨らんでいる。(9/20)
※SBI証券:[2018-2022業績予想アップデート]。投資評価を「やや弱気」から「弱気」に引き下げ、目標株価 1,140円に微修正。SBIはStaR技術を高く評価しているが、いずれのパイプラインも開発前半であり、先行きは不透明。引き続き上市後価値をゼロとみなす。市場は創薬開発の難関さを再認識すべき。(9/20)
・2018/12業績予想:売上高_4,129百万円、営業利益_-6,210百万円、税引前利益_-7,621百万円、当期利益-6,573百万円、EPS-86.2 (9/20更新)
・2019/12業績予想:売上高_8,979百万円、営業利益_-1,035百万円、税引前利益_-2,446百万円、当期利益-1,398百万円、EPS-18.3 (9/20更新)
・2020/12業績予想:売上高_7,396百万円、営業利益_-3,247百万円、税引前利益_-4,658百万円、当期利益-3,610百万円、EPS-47.4 (9/20更新)
・2021/12業績予想:売上高21,516百万円、営業利益11,539百万円、税引前利益10,128百万円、当期利益6,998百万円、EPS_91.8 (9/20更新)
・2022/12業績予想:売上高_5,643百万円、営業利益__3,573百万円、税引前利益-_4,984百万円、当期利益-3,936百万円、EPS-51.4 (9/20更新)

4山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 13:10:21.54ID:ZZIe0E360
※個別株情報:SBIが投資評価を「弱気」、目標株価を1200円(8/2)→1140円(9/20)と引き下げた。開発中断はネガティブと言わざるを得ない。当パイプラインの上市後価値について業績予想に織り込んでいなかったが安全性の懸念が出るという事態は想定外。ただ同社発表通り他パイプラインには影響はない。(9/21)
※日本経済新聞:そーせいが3日ぶり反発、短期の戻り期待の買い。前日まで2日連続で制限値幅の下限(ストップ安)水準まで下げていた。21日は寄り付き直後に株価の割安感などに着目した大口の買いが入った。今後は株価急落で含み損を抱えた投資家の売りが上値を抑える可能性がある。(9/21)
※新医薬品等の製造販売が承認されました(2018年7〜8月の薬食審 部会で審議されていた品目)。8月薬食審 報告品目(11月薬価収載見込み):オラビ錠口腔用50mg(製造:そーせい、販売:富士フイルム富山化学) 適応:カンジダ属による口腔咽頭カンジダ症。(9/21)
※日本経済新聞9/22付朝刊:マーケットの話題:そーせい、認知症向け新薬候補の開発中断を発表し、収益拡大期待が後退したとして売りが膨らんだ。20日まで2日連続で制限値幅の下限(ストップ安水準)。だが他の創薬ベンチャー株には波及せず「そーせいショック」の余波は少なかった。(9/22)
※SOSEI:口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ錠口腔用50mg」国内製造販売承認(9/21)取得。承認取得時マイルストンとして2億円受領、販売開始後ロイヤリティおよび販売目標達成時にマイルストーンを別途受領する権利。販売パートナーは、10月1日付設立の富士フイルム富山化学株式会社を予定。(9/25)
※東洋経済オンライン:バイオベンチャー「そーせい」が迎えた大試練。実験サルにがんが発生、治験中断の誤算。発表を受けて株価は大きく調整、現在では1200円前後とピーク時の2割程度にすぎない。悲願である世界的バイオ会社に脱皮できるか、大きな正念場にそーせいは差し掛かっている。(9/26)
※アイフィス株予報:米系大手証券(メリルリンチ)、そーせいレーティング強気(1(買い)継続。目標株価2,750円(5/11)→2,390円。目標株価コンセンサスは2,977円(アナリスト数8人)。(9/26)
※アイフィス株予報:日系大手証券(みずほ証券)、そーせいレーティング強気(買い)継続。目標株価5,400円(8/9)→3,600円。目標株価コンセンサスは2,977円(アナリスト数8人)。(9/26)
※SBI証券レポート:[2018-2022業績予想]アップデート。9/21にSO-1105販売承認取得。承認取得時に2億円受領、薬価収載時に更に6億円受領、薬価収載時に支払マイルストーンを5百万ドル支払うと予想し、SBI業績予想に組込。中長期的に売上高に約6億円、営業利益ベースで約3億円寄与すると推定。(9/26)
・2018/12業績予想:売上高_4,429百万円、営業利益_-5,927百万円、税引前利益_-7,338百万円、当期利益-6,290百万円、EPS-82.5 (9/26更新)
・2019/12業績予想:売上高_9,179百万円、営業利益___,865百万円、税引前利益_-2,276百万円、当期利益-1,278百万円、EPS-16.1 (9/26更新)
・2020/12業績予想:売上高_7,696百万円、営業利益_-2,986百万円、税引前利益_-4,497百万円、当期利益-3,349百万円、EPS-43.9 (9/26更新)
・2021/12業績予想:売上高21,917百万円、営業利益11,894百万円、税引前利益10,483百万円、当期利益7,244百万円、EPS_95.0 (9/26更新)
・2022/12業績予想:売上高_6,143百万円、営業利益__3,072百万円、税引前利益_-4,483百万円、当期利益-3,435百万円、EPS-45.1 (9/26更新)

5山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 13:10:57.14ID:ZZIe0E360
※株探ニュース:話題株ピックアップ【夕刊】:そーせいグループが反発。25日取引終了後、口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ」の国内製造販売承認を取得し、マイルストーンとして2億円を受領することを発表した。前週に急落し株価を4割以上下落させたが、足もと売りが一巡、切り返しに転じた。(9/26)
※個別株情報:SBI証券では投資評価を「弱気」→「中立」、目標株価を1140円(9/20)→1300円と引き上げた。SO-1105の販売承認を取得、富士フイルムファーマの解散に伴って保守的に業績予想から除外していたが、10/1設立予定の富士フイルム富山化学によって販売されることから業績に組み入れる。(9/27)
※個別株情報:みずほ証券が目標株価引き下げ、引き続き成長余地は大きい。最大の注目点は10月中旬〜後半にかけて、同社がMiNA社の買収オプション権を行使するか否かである。MTL-CEBPAのPhase1/2a試験を進めており、試験結果が良好であれば買収を行い、カタリストにもなると指摘。(9/27)
※富士フイルム:診断薬・治療薬の研究・開発・製造・販売会社 富士フイルム富山化学株式会社を発足。富士フイルムは今後、富士フイルム富山化学を中核に医薬品事業を展開し、革新的かつ高付加価値な新薬を創出することで事業拡大を図るとともに、社会課題の解決に貢献していきます。(10/1)
※アイフィス株予報:日系大手証券(野村證券)、そーせいレーティング強気(Buy) →中立(Neutral)に引き下げ。目標株価は2,750円(6/27)→1,500円。目標株価コンセンサスは2,821円(アナリスト数8人)。(10/3)
※アイフィス株予報:2018年12月期 業績予想コンセンサス(5/11→5/18→5/21→6/19→7/17→7/24→8/10→8/20→9/26→※10/3更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,411百万円、営業利益-6,794百万円、経常利益-7,141百万円、当期利益-6,003百万円。(10/3更新)
※個別株情報:野村証券では日本DLBの開発中止リスクが高まった点を踏まえ、野村予想から除外。また、従来野村で見込んでいた新規導出についても、精査した結果、実現可能性が低くなったと判断し、野村予想から除外。業績予想の下方修正により目標株価、レーティングを引き下げ。(10/4)
・18年12月期61億円の赤字(前期は22億9100万円の赤字、従来65億円の赤字、会社側計画は非開示)、19年12月期24億円の赤字(従来2億円)、20年12月期5億円の赤字(同30億円)と試算。
※日本経済新聞:そーせい、株価下落で個人が見切り売り。9月に認知症向け治療薬の開発中断を発表して以降、証券各社によるレーティングの引き下げが相次。株価の下落が続くなか、自律反発を見込んで買っていた個人投資家が見切り売りに動いている。(10/9)
※Kymab: Pipeline Update: "Heptares, GPCR Target": KY1051(Pre-Clinical Development), KY1062(Discovery Research). (10/10update)
※モーニングスター:新興市場展望=世界株安、新興市場にも影響大、指数になお下値不安。そーせいグループなど指数寄与度の高い主力銘柄が大きく下げている。これらは信用買い残も多く抱えており、地合い次第で今後も継続的に投げ売りが出てしまいそうな構造にある。(10/13)
※海正製薬【公告】:子会社辉正(上海)医薬技術は北京ノバルティス社・サンド社の製品(Onbrez, Ultibro, Seebri)のプロモーションサービス促進するため独占契約を締結。現在LAMA +LABAは治療の核心にある。この一連の導入は中国の患者戦略目標のために世界クラスの革新的な医薬品を提供し、実装をスピードアップ。(10/15)
※海正製薬【補足公告】:子会社辉正(上海)医薬技術と北京ノバルティス社・サンド社との間の独占販売(Onbrez, Ultibro, Seebri)促進サービス契約に関する補足発表。(10/17)

6山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 13:11:27.96ID:ZZIe0E360
※SOSEI:MiNA (Holdings)社に対する株式追加取得のオプション権不行使の決定。MTL-CEPBAの第T/Ua相臨床試験(OUTREACH)の中間データの評価結果並びに、提携および自社開発によるGPCRを標的とした候補薬ポートフォリオにおける資源配分の優先順位についての判断に基づく。(10/18)
・MiNA社に対する当社の25.6%の持分に関連する28百万ポンド(約42億円)の価値につきましては、レビューが行われ、最終的な結論は2018年11月8日提出予定の第2四半期報告書にて開示されます。
・MiNA社の株式追加取得の独占的オプション権を行使しないことにより同オプション権が失効したことに伴い、同オプション権に関連する簿価7百万ポンド(約10億円)は全額評価減されました。
※FierceBiotech: MiNA Therapeutics, Sosei passes on buyout option: MiNA said in a statement, is "a result of Sosei’s strategic prioritisation." "Future Development Plans, A phase 1b study testing MTL-CEBPA in Combination with Bayer’s Nexavar is Slated to Start in the Q4." (10/18)
※Novartis Q3 Release: Ultibro (110 million, +11% cc. 9M: 332 million), Seebri (34 million, -3% cc. 9M: 111 million). QVM149 (Asthma), First Planned Submissions: 2019, News update: Phase V, IRIDIUM, PALLADIUM and QUARTZ Studies Enrollment Completed. (10/18)
※SOSEI:「シーブリ」および「ウルティブロ」の第3四半期(2018年7月〜9月)の業績について。ウルティブロはFLAME, CLAIM studyの良好な結果、並びにCOPDの診断・ケア・予防に関する世界的な指針となる2018年版GOLDレポート、さらにSUNSET studyに後押しされ、売上は二桁の伸び。(10/18)
※アイフィス株予報:欧州系大手証券(ドイツ証券)、レーティング強気(Buy)継続。目標株価3,500円(7/16)→3,050円。目標株価コンセンサスは2,764円(アナリスト数8人)。(10/18)
※ClinicalTrials(NCT03710434): "Phase I, Study to Assess the Pharmacokinetics and Relative Bioavailability of AZD4635 in Non-Smoking Healthy Male Subjects, With the Option to Assess Food Effect, pH Effect and Absolute Bioavailability": Start: 2018/10/29. Completion: 2019/4/1 (10/18 New Trial Record)
※個別情報:そーせい目標株価、銀行系3600円、大手証券1500円。野村證券(10/4)はレーティング「ニュートラル」へ格下げ、目標株価2750円から1500円へ引き下げ。みずほ証券は最新レポート(10/18)で目標株価3600円を継続、「MiNA社買収のオプション不行使で、不確実性は低下」と解説。(10/19)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:6.14%(0.37増加)、筆頭保有割合:5.17%(0.01増加)。(報告義務発生日:10/15、10/19提出)
※Reuters:SOSEI [2018-2022業績予想]コンセンサス更新(5/11→5/20→5/24→6/19→6/20→6/28→6/29→7/3→7/4→7/5→7/6→7/9→7/17→7/18→7/25→7/27→7/28→8/10→8/29→9/20→9/21→9/28→10/4→※10/19update)。
・2018業績予想:売上高_3,494百万円、EBITDA -5,756百万円、税引前利益-7,215百万円、当期利益-5,953百万円、EPS-79.0 (10/4update)
・2019業績予想:売上高_9,866百万円、EBITDA -1,644百万円、税引前利益-3,167百万円、当期利益-3,379百万円、EPS-39.3 (10/19update)
・2020業績予想:売上高11,164百万円、EBITDA __-650百万円、税引前利益-2,261百万円、当期利益-1,766百万円、EPS-34.2 (10/19update)
・2021業績予想:売上高11,448百万円、EBITDA _1,000百万円、税引前利益-2,218百万円、当期利益-1,393百万円、EPS-20.2 (10/19update)
・2022業績予想:売上高13,077百万円、EBITDA _1,000百万円、税引前利益-1,032百万円、当期利益__-621百万円、EPS-7.25 (10/19update)

7山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 13:12:07.45ID:ZZIe0E360
※ドイツ銀行ロンドン支店変更報告書。共同保有割合:4.08%(1.05減少)、筆頭保有割合:4.04%(1.09減少)。(報告義務日:10/15、10/22提出)
※モーニングスター:新興市場・26日=マザーズ指数4日続落となって連日の安値。終値ベースで2016年12月8日以来(約1年10カ月ぶり)の900ポイント割れ。東京市場全般が下値模索となり、新興市場の主力株には投げ売りが出ている。そーせいグループなどが軟調。(10/26)
※日本経済新聞:<マザーズ>そーせいは5日続落。主力銘柄への売りが続いている。前週までの日本株全般の急落に伴い信用取引で追い証(追加担保の差し入れ義務)が発生した個人投資家が多いことなどから、換金などを目的とする損失覚悟の売りが膨らんでいる。(10/29)
※四季報Online:「マザーズ過去3番目の下落、負の連鎖を考察、売り枯れのタイミングはいつ?」「コツン」は早晩聞かれそうだ。しかし、ここで厄介なのはその後に控えるスケジュール。新興株の鬼門とされる決算発表シーズンに突入する。「需給でコツン、業績でズドン」の負の連鎖再開だけは勘弁。(10/30)
※SOSEI:最先端研究開発施設への段階的移転を完了:「ケンブリッジ市の世界最高水準の研究環境にアクセスすることにより、当社はこの分野での世界屈指の地位をさらに強化できると考えています。」本移転は当社の発展における重要な節目となります。高度な技術を持った研究者ら130名以上が世界中から結集。(10/30)
※大日本住友製薬2019年3月期第2四半期決算:北米COPD導入3製品:2018年度2Q実績:3億円(2017年度2Q実績2億円)、引き続き進捗は低調。北米上半期の進捗状況を踏まえ下方修正。2018年度下期修正予想:3億円、2018年度修正予想:6億円(2018年度従来予想:29億円、2017年度実績:5億円)。(10/30)

※SOSEI:クリス・カーギルを執行役副社長 最高財務責任者(CFO)に任命。「カーギルは2018年6月の暫定CFO就任以来、豊富な業務知識を発揮し、財務上の多様な取り組みを着実に推進してきています。国際的なバイオ医薬品企業になる道のりを進むために、彼はグローバル財務責任者として適任です。」(11/1)
※ClinicalTrials(NCT03316898): Phase 1b, FDG-PET Study of AGN-242071 Added to Standard-of-Care (Donepezil ± Memantine) for the Treatment of Participants With Mild to Moderate Alzheimer's Disease. Change Status: Recruiting→"Withdrawn"(Business decision to stop the study). (11/2update, "Withdrawn")
※あすか製薬 平成31年3月期第2四半期決算:主力品の売上高:緊急避妊剤(ノルレボ):当期第2四半期6.6億円(前期第2四半期6.2億円)、対前年同四半期増減率5.9%、当期年間見込12.6億円(前期年間実績12.1億円)。(11/5)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:1.04%(5.1減少)、筆頭保有割合:0.34%(4.83減少)。(報告義務発生日:10/31、11/6提出)
※タイヨウ・ファンド・マネッジメント・カンパニー変更報告書。共同保有割合:6.18%(1.17増加)、筆頭保有割合:1.57%(0.49増加)。(報告義務日:10/30、11/6提出)
・・・

8山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 13:12:33.64ID:ZZIe0E360
※ペプチドリーム 平成31年6月期第1四半期決算:(11/7)
・(ペプチドリーム決算(8/9):新規治療薬の研究開発・商業化を目的とした戦略的共同研究、両社のもつ業界屈指のプラットフォーム技術を集結。PAR2に対し、高い親和性と選択性を有するペプチド・アンタゴニストを同定しており、このプログラムは現在、Hit-to-Leadのステージに入っております。)

※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算発表・決算説明会:(11/8)
・(SOSEI 2018年12月期第1四半期決算(8/9):2018年12月31日までの9ヶ月間においては、当社グループの研究開発費は増加します。2020年までの経営戦略を実行するための十分な資金を保有。)
・(・臨床開発プログラムへの投資を優先するため、研究開発費に係る現金支出は70百万米ドルから75百万米ドル、販売費及び一般管理費は18百万米ドルから23百万米ドルとなる見込みです。)
・(・既存提携先からの大きなマイルストンを受領する見込みはなく、また、リスクとリターンの最適なバランスが見込まれない限り、新規の提携をすることも見込んでおりません。)
・(・その結果として、2018年12月31日までの9ヶ月間においては、現金収入(売上収益から現金費用を除く)は65百万米ドルから75百万米ドルの損失の範囲になると予想しています。)
・(・現時点では、当社グループの財政状況は2019年12月期に改善に向かうものと予測しています。新規提携に伴う一時金が見込まれる。既存の提携先からの重要なマイルストンに関する収益が見込まれる。)

※AstraZeneca Q3 2018 Earnings Release: (11/8)
・(AstraZeneca H1 and Q2 2018 Results update: Movement since Q1 2018 update: New to Phase I (Additional indications): "Oleclumab+AZD4635 (CD73 mAb + A2aR inhibitor EGFRm NSCLC)" (7/26)
・(・Q2 2018 New Molecular Entity (NME) Pipeline: Phase I: "Small molecule: AZD4635 (A2aR inhibitor solid tumours)")
・(・Q2 2018 Lifecycle Management (LCM) Pipeline: Phase I (Oncology Combinations): "Oleclumab + AZD4635 (CD73+A2aR EGFRm NSCLC)")

スレいらねーって言ってるだろガイジ

まあ期CHI外がスレ立てかよ
長文やめろって何回言わすんだボケ!
見にくいんだわ
いい加減わかれよ

そうだそうだ!クタバレー!

今日は1000円すら超えることができなかった!

明日決算だぜ!

高確率で今日の終値972円より安く始まるから

大引けにかけてさらに売られてな

ミナのオプション権利10億円の計上は確定だとして

残り42億円が全額減損になったら今期-100億円超えそうだし

そんな状況で明日上がる訳ねえじゃん

13山師さん@トレード中 (スップ Sda2-MuIS [49.97.104.177])2018/11/07(水) 15:21:03.93ID:HStDb3iId
損した時に塩漬けホルダーを煽って当たり散らすスレにしているから、このスレは必要。

14山師さん@トレード中 (アウアウカー Sab7-C+Ku [182.251.180.13])2018/11/07(水) 15:34:24.02ID:mBtpWD2ta

15山師さん@トレード中 (ワッチョイ 8711-GpIZ [60.126.17.145])2018/11/07(水) 15:39:05.72ID:AhvMSI4A0
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

無風IRだな導出はよ

また金にならないお知らせか

これまでは世界名だたる企業との提携だったのに段々ショボくなっててワロタ
もうこういう小規模の会社じゃないと見向きもされないんだろうな

19山師さん@トレード中 (スプッッ Sdc2-jkyf [1.75.211.165])2018/11/07(水) 15:58:24.31ID:bc3kRnwqd
親戚の会社かなんかか?

田村なら、こういう技術ベンチャー相手なら提携じゃなくて一気に買収検討まで入ってたろうな。
保守的になったね。

21山師さん@トレード中2018/11/07(水) 16:12:00.55ID:Dw/Nv6WB
DyNAbind ってなんて呼べばいいんだ?
ダイナなんてら?

22山師さん@トレード中 (アウアウカー Sab7-uLL2 [182.251.192.46])2018/11/07(水) 16:13:10.13ID:sZA0CvWQa
>>18
その通り

23山師さん@トレード中 (アウアウカー Sab7-C+Ku [182.251.180.13])2018/11/07(水) 16:13:40.97ID:mBtpWD2ta
>>21
ダイナムだろ。

24山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp4f-n0hs [126.152.69.213])2018/11/07(水) 16:21:58.42ID:ciVm8Segp
まぁ明日の決算は地獄やで。

ペプドリと共同開発のGPCRプロテアーゼ活性化受容体(PAR2)が
半年でHit-to-Leadステージに進捗してるとさ。
来年早々に前臨床へ進捗のお知らせが来るといいね

26山師さん@トレード中2018/11/07(水) 16:30:51.95ID:Dw/Nv6WB
ダイナバインドかなぁ
日本向けIRなんだから呼称をカタカナ読みできるようにふりがなつけといてくれんなぁ
誰もがご存知のあの会社ってわけじゃないんだから
不親切というか気が利かないというか株主の立場に立って考えていないというかホントにもうここのIRは…

27山師さん@トレード中 (スッップ Sda2-U3gF [49.98.170.94])2018/11/07(水) 16:50:00.71ID:r9pwrN1pd
PTSはりついたw

28山師さん@トレード中 (アウアウカー Sab7-C+Ku [182.251.180.13])2018/11/07(水) 16:50:40.75ID:mBtpWD2ta
>>27
まだ始まってないだろ

29山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp4f-n0hs [126.152.69.213])2018/11/07(水) 17:01:19.17ID:ciVm8Segp
パチンコなんて斜陽産業だろ。

30山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 18:00:33.42ID:ZZIe0E360
※SOSEI:DNA技術のパイオニアDyNAbind社と協業開始。(11/7 15:30)
当社100%子会社であるHeptares Therapeutics Ltd.(「Heptares社」)は、Gタンパク質共役受容体(GPCR)をターゲットとした創薬におけるリーダーの地位を強化し、新薬の創出を加速させるため、
ドイツのDyNAbind GmbH(以下、DyNAbind社)と業務提携契約を締結しましたので、お知らせいたします。
本提携は、DyNAbind社の次世代DNA技術を、当社のStaRタンパク質に適用させることを目的としたものです。
これにより、従来創薬が困難であった分野も含め様々なGPCRを標的に、選択性、有効性の高い低分子候補化合物を短期間で創製することが可能になります。
当社の執行役副社長チーフR&Dオフィサーであるマルコム・ウィアーは次のように述べています。
「DyNAbind社とのコラボレーションにより、世界をリードする当社のStaR技術、並びに構造ベース創薬を更に強化することができます。
本提携を通じて、業界をリードする先進のDEL技術(DNAEncoded Library Technology / DNAコード化化合物ライブラリー技術)を活用することができます。
当社のStaRタンパク質に、DEL技術を適用することで、医薬候補薬の創出に向けたパイプライン強化のための新しいアプローチを手にすることが期待できます。
また本件は、当社が業界最先端のテクノロジーを追求し、当社のプラットホーム技術および創薬力を強化することで、StaRタンパク質の長期的価値を最大化していく戦略にもなります。」
本提携の金銭的条件は非開示としております。本契約では、重要な金銭的費用は当社には発生せず、当社は最適な創薬、開発候補化合物を選択する権利を保有します。
以上
DyNAbind社について:
DyNAbind社は、ドイツのドレスデンを拠点とする創薬スタートアップ企業であり、医薬品創製・最適化のための革新的なDEL技術を保有します。
同社の創業者は、DEL技術の研究開発における長年の経験を有し、独自の新たなダイナミックライブラリ・プラットホーム開発へつなげました。
一時的な相互作用を検討できるようにDNA構造に特別な調整を行うことで、ライブラリー内の断片化した分子は、自ら理想的な結合構造へと集合し再配列します。
これにより、従来のDEL技術において課題とされていた、信号対雑音比が劇的に改善され、誤検出比率が減少します。
DNAの再合成が必要でないため、従来数ヶ月を要した結果確認のための定量的ヒット検証を数日間のうちに完了することができます。

31山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 18:01:13.53ID:ZZIe0E360
※ペプチドリーム 平成31年6月期第1四半期決算:(11/7 15:30)
戦略的提携による創薬については、当社はこれまで4社(JCRファーマ株式会社、モジュラス株式会社、英国Heptares Therapeutics社、米国Kleo Pharmaceuticals社)との戦略的提携を発表しております。また、・・・。
英国Heptares Therapeutics社(以下 ヘプタレス)とは、疼痛、がん、炎症性疾患など複数の適応症において既に検証されているGタンパク質共役受容体(GPCR)として知られるプロテアーゼ活性化受容体(PAR2)を
標的として新規治療薬の研究開発・商業化を目的とした戦略的共同研究を行っております。この共同研究では、両社のもつ業界屈指のプラットフォーム技術を集結します。
両社で選択したGPCRターゲットに対して、ヘプタレス社のStaRプラットフォームを用いて安定化し、当社のPDPSを用いてヒット化合物を得ることで、両社が有する技術の強みを融合します。
本契約のもと、両社はコストを分担し、得られたすべての成果を共同で保有します。
2018年5月24日に報告いたしましたとおり、両社はPAR2に対し、高い親和性と選択性を有するペプチド・アンタゴニストを同定しており、このプログラムは現在、Hit-to-Lead (リード化合物)のステージに入っております。

・・・
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算発表・決算説明会:(11/8)
※AstraZeneca Q3 2018 Earnings Release: (11/8)
※Euro Peptides 2018: "Cost-Efficient Manufacturing Procedure of Peptide using Molecular Hiving Technology": Kazuaki Kanai, CEO, Jitsubo. (11/8 11:30 Presenting)
※PSDI 2018 (26th Protein Structure Determination in Industry Meeting"), Versailles: Keynote Speaker: "A Decade of GPCR Structure-Based Drug Design - Structural insights into the allosteric control of GPCR activity": Dr. Andrew S. Dore, Sosei Heptares. (11/11 21:00 Presenting)
※PCT: Partnerships in Clinical Trials Europe: "Use of molecular and functional Imaging in early clinical development: From target engagement to proof of concept": Pradeep Nathan, Vice President, CNS Clinical Development and Experimental Medicine at Sosei Heptares. (11/28 16:00 Presenting)
※PREP UK 2018: "Implementation of MP infrastructure at Sosei Heptares": Kerry O'Hare. (11/29 11:55 Presenting). Session 3 - "New Tricks": Chair: Kerry O'Hare. (11/29 15:45 Session Chair). "Chrom Logd as part of compound management workflow": Kerry O'Hare. (11/30 10:05 Presenting)
・・・

32山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 18:02:13.89ID:ZZIe0E360
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※SOSEI中長期計画発表・野村レポート[成長回収期の入口]ステージへ
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章ステージ]→※米国承認[次なる飛躍ステージへ]→※提携[上抜け圏へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]→※[時間軸での調整局面へ]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]→※[拾い場も順調に推移]
2018/_1/_4 (終値2700) ・(2018/_1/25最高値3145) ※(2018/1/26買残高)5716400 [振るいも順調に推移]→※自社開発PL拡充[悪地合いにて再びの拾い場へ]
2018/_6/_8 (終値1700) 売残高104800 買残高_8714800 ・(6/_7安値1618)※空売り価格規制トリガー(5/11安値1665, 6/5安値1695, 7/2安値1584, 7/3安値1414)
2018/_8/17 (終値1265) 売残高__6600 買残高_6960600 ・(8/16安値1185)※
2018/_9/14 (終値1802) 売残高_42000 買残高_6658900 ・(9/12安値1650)
2018/_9/21 (終値1216) 売残高_23100 買残高_7423600 ・(9/21安値1030)※ストップ安比例配分(9/19安値1424, 9/20安値1124)
2018/_9/28 (終値1371) 売残高__1500 買残高_7687000 ・(9/25安値1161)
2018/10/_5 (終値1196) 売残高___100 買残高_7935200 ・(10/_5安値1184)
2018/10/12 (終値1137) 売残高_____0 買残高_7646700 ・(10/11安値1030)※
2018/10/19 (終値1022) 売残高___300 買残高_8251200 ・(10/19安値1021)※
2018/10/26 (終値_878) 売残高___100 買残高_8272800 ・(10/26安値_844)※
2018/11/_2 (終値_935) 売残高___100 買残高_7943400(-329400)※11/6up ・(10/30最安値835)※年初来安値
2018/11/_5 (終値_956) 5日線乖離(+5.99%) 25日線乖離(-9.31%) 75日線乖離(-28.04%) 200日線乖離(-46.87%) (安値_918)
2018/11/_6 (終値_979) 5日線乖離(+5.86%) 25日線乖離(-5.98%) 75日線乖離(-26.04%) 200日線乖離(-45.31%) (安値_942)
2018/11/_7 (終値_972) 5日線乖離(+2.99%) 25日線乖離(-5.41%) 75日線乖離(-26.30%) 200日線乖離(-45.41%) (安値_953)

更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

あれをそーせいっちゅうたやろ

34山師さん@トレード中 (ワッチョイ db8e-qWkG [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/07(水) 18:31:00.15ID:ZZIe0E360
※DyNAbind: "DyNAbind Enters Collaboration Agreement with Heptares Therapeutics." (11/7)
We’re excited to officially announce our collaboration with Heptares Therapeutics to find new drug candidates for GPCR targets.
These membrane bound proteins offer valuable therapeutic opportunities, but have been historically difficult to work with.
By combining our technology platforms, we’re ready to tackle this challenge!
Check out the press release:
(http://dynabind.com/index.php/2018/11/07/dynabind-enters-collaboration-agreement-with-heptares-therapeutics/)
"DyNAbind enters drug discovery collaboration for membrane-bound target"
・・・

35山師さん@トレード中 (ワントンキン MM32-lmxD [153.236.75.161])2018/11/07(水) 18:58:52.97ID:21CeLmiYM
明日の決算は減損したとして今期赤字100億円以内ならアク抜けで上昇だろ
それ以上ならまた暴落

明日決算を控えているのにショボい会社との提携IRは怪しいわ
少しでも株価上げたいんだろうな
でも、糞決算で暴落すると思うけど

36山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp4f-n0hs [126.152.69.213])2018/11/07(水) 19:19:54.41ID:ciVm8Segp
どっかの町工場との提携IRレベル。

37山師さん@トレード中 (スプッッ Sdc2-jkyf [1.75.211.165])2018/11/07(水) 19:41:22.72ID:bc3kRnwqd
公式ハメコミからの超絶クソ決算&超絶クソIRで二度と寄らず

>>37
しねよ

39山師さん@トレード中 (スップ Sdc2-bb72 [1.66.99.132])2018/11/07(水) 20:34:35.79ID:ojMYWu8nd
決算後に価格ヨコヨコしてからその後暴落って前無かったかな?
今回もそうなりそう

40山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp4f-n0hs [126.152.69.213])2018/11/07(水) 20:35:47.31ID:ciVm8Segp
野村レーティング25円

41山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp4f-n0hs [126.152.69.213])2018/11/07(水) 20:36:46.42ID:ciVm8Segp
カイオムクラスなら5%上げるレベルのIR

42山師さん@トレード中 (アウアウカー Sab7-uLL2 [182.251.192.46])2018/11/07(水) 20:37:27.27ID:sZA0CvWQa
>>39
決算で暴落にアルゴセットされてるから何があっても暴落は決定事項やで

43山師さん@トレード中2018/11/07(水) 22:00:24.59ID:Dw/Nv6WB
今回は暴落するほどの余地が無かろう

44山師さん@トレード中 (ワッチョイW 8b6d-uLL2 [218.228.130.47])2018/11/07(水) 22:19:38.05ID:/FNUJ4Rv0
悪材料は織り込まず、
好材料は織り込み済み。
これが、そーせいよw
まぁ、見ておきな

決算のときに材料出すのはここの伝統?

46山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp4f-n0hs [126.152.69.213])2018/11/07(水) 22:49:52.85ID:ciVm8Segp
たぶん来期も導出0やな。

47山師さん@トレード中 (スプッッ Sdc2-jkyf [1.75.211.165])2018/11/07(水) 23:46:34.20ID:bc3kRnwqd
ありとあらゆる経済指標、同業種に置いていかれそう

48山師さん@トレード中 (ワッチョイW 82e1-n0hs [27.113.237.175])2018/11/07(水) 23:57:55.97ID:xJB7iKGO0
どれだけのくそ決算かが重要、特に来期

49山師さん@トレード中2018/11/08(木) 01:35:07.93ID:LuciR2sE
DNA技術のパイオツマニアと言われてもなぁ

ペーターは背任で不信任や 大赤字の責任とれや

ピーター辞めろ騒いでんのルサンチメンズと空売りバイトだろ
だいたいそんなんなったらまたそれを理由に売り込まれる

52山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp53-WqUE [126.152.69.213])2018/11/08(木) 04:06:37.80ID:QRh+wWvzp
カイオム、そーせい、ユーグレナ。

53山師さん@トレード中 (ワッチョイ 5f8e-Lfn0 [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/08(木) 06:00:14.49ID:OA7r4Lqg0
※Funded PhD Research Project: "G protein-coupled receptor (GPCR) signalling in the mouse and human gastrointestinal (GI) tract." (11/7up)
(University College London | The London Interdisciplinary Biosciences Consortium (LIDo) | London | United Kingdom.)
・Send an Enquiry to Prof H Cox (Supervisor).
・Application Deadline: Friday, January 11, 2019.
・Funded PhD Project (UK Students Only).
Project Description:
Aim: To establish the mechanisms of GPR35 signalling in the mouse and human GI tract.
Background:
GPR35 is an orphan receptor that lacks an endogenous ligand but is highly expressed in mammalian GI tract, particularly in the colon and is implicated in the onset of inflammatory bowel disease (IBD).
Without selective agonists GPR35's mechanisms of action remain obscure. Some studies suggest that aromatic acids derived from microbial metabolism can activate GPR35, implicating a microbial sensor role for the GPCR.
At high doses the clinically validated drug, sodium chromoglycate also activates GPR35 and appears to protect GI mucosa from inflammation.
GPR35 is therefore a target with therapeutic potential and is of interest to our project partners at Heptares Therapeutics Ltd (Granta Park, Cambridge).
Heptares have synthesised a range of potent, selective GPR35 agonists and we will evaluate their efficacies alongside chromoglycate and the aromatic acid, kynurenic acid (KA) a microbial metabolite of tryptophan.
Elucidation of specific GPR35 signalling in healthy GI tissues will inform subsequent investigations of inflamed GI mucosa and the receptor’s protective potential in models of IBD.
To this end we will include a mouse model of mild colitis with alternate models that most closely recapitulate human IBD, collectively tackling an unmet need for improved translational biology.

54山師さん@トレード中 (ワッチョイ 5f8e-Lfn0 [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/08(木) 06:00:36.57ID:OA7r4Lqg0
Potential Plan:
[Year 1]
Cellular GPR35 signaling in epithelia, enteric nerves, enteroendocrine or mast cells will be investigated using proven pharmacological strategies in mouse and human colon.
The student will compare the efficacies of novel GPR35 agonists, with chromoglycate and KA in normal colonic mucosae using established methods (Cox lab).
Determining whether mucosal responses are luminally or basally-directed will be important for predicting future formulation, delivery and exposure effects to support work in years 2-4.
In vivo transit assays will establish if i.p. or oral drug alters GI transit in normal mice.
[Year 2]
A proportion of this year will be spent at Heptares where the student will utilise mutated GPR35 (generated at Heptares) to establish a high confidence homology model to elucidate the molecular mechanisms of ligand binding and signalling.
Autoradiographic analysis of ex vivo GI tissue will identify the cells targeted by oral or i.p. [3H]-GPR35 ligand, complementing year 1 functional studies.
Inflamed GI tissues from appropriate colitis models will be assessed both functionally (at KCL) and for GPR35 expression together with other key genes implicated in mucosal changes that most closely recapitulate those in human IBD.
[Years 3-4]
Using chosen IBD models the student (in KCL) will treat mice with a chosen GPR35 ligand, monitoring the onset of GI inflammation by measuring epithelial integrity functionally
and histologically (scoring the degree of inflammation and stool consistency) and comparing murine mucosal erosion and dysplasia with that in human IBD colon.
Optimised GPR35 ligand dosing (oral or i.p.) will test whether administered drug protects against a given inflammatory challenge and maintains mucosal health and normal rates of GI and colonic transit.
Finally, the student will integrate their results into a predictive model of GPR35 signaling, i) common to healthy mouse and human tissue, ii) in inflamed colon and in-so-doing determine whether, and hopefully where, GPR35 is a therapeutic target for treating IBD.
Impact:
This research will improve our understanding of GPR35 signalling in healthy gut and uncover how this biology changes in models of IBD.
By comparing signalling in IBD models that emulate aspects of human IBD we aim to better translate GPCR biology from mouse in to man.
Failure to treat IBD is currently a significant health-burden and often patients require parenteral feeding or GI surgery.

55山師さん@トレード中 (ワッチョイ 5f8e-Lfn0 [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/08(木) 06:17:40.80ID:OA7r4Lqg0
※MRC LMB 7時間前: The 8-page special includes words of wisdom from LMB's Chris Tate: "Start up business has me basking like a very proud parent'. (11/7)
Cambridge Biomedical Campus: Our final feature in the CambridgeIndependent will look at how important start up companies are to drive the healthcare and science of the future with insights from MRC LMB and Elpis Biomed which is based IdeaSpace South.
(Cambridge Biomedical Campus November 2018.(11/7up): https://cambridge-biomedical.com/wp-content/uploads/CBC-November-2018-supplement.pdf)
・・・
Chris Tate: Start-up business success has me basking like a very proud parent’
(Chris Tate from the MRC Laboratory of Molecular Biology and one of the founders of the pioneering drug discovery company, Heptares, gives his insight on what is needed to successfully start up a company.)
“I never thought for a second that the science behind Heptares was a risk - myself and Richard Henderson always knew it would work, but when we sat down to discuss what to do with our discovery, starting our own company was the last option on a list of three.
So what changed our minds - why did two people who were (and still are) very happy as academics decide to do something completely different?
“It was the interest, expertise and passion that Malcolm Weir and Fiona Marshall, our fellow co-founders and long-term supporters of our research while they were in the pharmaceutical industry, which made Heptares a reality.
It was the strong bonds of trust and respect that held the four of us together through the investment meetings, renting our first building, developing our projects, through to our eleventh anniversary this year.
“Our skills and knowledge of areas perfectly balanced each other.
We drew boundaries between the company and our academic research, we carefully chose a board that could help develop the firm and, importantly, Heptares evolved as new science developed.
The common mistake a start-up can have is that it focuses on an initial idea above all other things while the founder and their industry backers fall out over direction or a failure to appreciate each other’s expertise.
We knew to succeed we had to keep on top of the market, which through our advisory board we achieved.
“I look at the success of Heptares now and feel the way a parent basks in the joy of their child leaving home and going off to do great things in the world.
The day when drugs developed by the company hit the market will undoubtedly be the crowning point of my career – achieved through trust, respect, knowledge and great science.”
・Heptares is now a wholly owned subsidiary of Sosei.

カスみたいなロイヤリティの売上だけととんでもない研究費で大赤字
決算前に一銭の金にもならないIRをまた性懲りもなく出して
どうしようもないな

57山師さん@トレード中 (ワッチョイ 5f8e-Lfn0 [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/08(木) 06:30:06.50ID:OA7r4Lqg0
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI 2018年12月期第1四半期決算:売上収益835百万円、営業利益△1,783百万円、税引前四半期利益△1,943百万円、四半期利益△1,568百万円。研究開発費1,826百万円(69.5%増加)97.3%は英国における活動。(8/9)
[SOSEI 2018年12月期の連結業績予想(2018年4月1日〜2018年12月31日)]
当社グループの売上収益は、(1)新規提携に伴う一時金、(2)研究開発に関する既存の提携先からの重要なマイルストンに関する収益に依存しています。
また、当社グループが提携先に導出した候補品の開発についてコントロールできないことにご留意ください。
当社グループは、COPD治療薬ウルティブロ及びシーブリの売上により、導出先であるノバルティス社から継続してロイヤルティに関する収益を受領しています。
当社グループの2018年12月31日までの9ヶ月間の見通しは、自社開発パイプラインの管理強化と研究開発費の支出予定時期を見直したことにより、以下のとおり従来の見通しから改善しました。
・研究開発費に係る現金支出は7,000百万円から7,600百万円を見込みます(従来見込みは7,600百万円から8,100百万円)。
・一般管理費に係る現金支出は2,000百万円から2,500百万円を見込みます(据え置き)。
・現金収入(売上収益から現金費用を除く)は6,500百万円から7,600百万円の損失の見込みに改善しました(従来見込みは7,000百万円から8,100百万円の損失)。
・新規提携に伴う一時金は見込みません(据え置き)。
・研究開発に関する既存の提携先からの重要なマイルストンに関する収益は従来通り見込みません(据え置き)。
当社グループの業績は、以下の要因により2019年12月期に改善に向かうものと予測しています。
・新規提携に伴う一時金が見込まれること。
・研究開発に関する既存の提携先からの重要なマイルストンに関する収益が見込まれること。
・当社グループは、2020年までの医薬品開発のための十分な資金を確保していること。

※SOSEI:9月4日付の日本経済新聞本誌に弊社記事が掲載されました。「3年平均の研究開発費、未来へ投資果敢に 1位、そーせいグループ新薬開発、世界から注目(NEXT1000)」。(9/5)
独自の技術を用いて新薬候補を見つけ出し、製薬大手にその権利を販売する手法で成長中だ。獲得した資金で自社開発にも乗り出し、将来の収益力強化に向けて準備を進める。
同社は18年末までに認知症、神経疾患、内分泌疾患の3品目の臨床試験を国内で始め、19年末までに6品目まで増やす予定だ。研究開発のアクセルを踏む状況は続く。

58山師さん@トレード中 (ワッチョイ 5f8e-Lfn0 [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/08(木) 06:30:39.10ID:OA7r4Lqg0
※SOSEI:ムスカリンM1作動薬 HTL0018318に関するお知らせ。(9/18)
HTL0018318のADに関する開発タイムラインへの影響から、Allergan社からの重要なマイルストンに関する収益は2019年には見込まれなくなり、同年の売上収益への影響が見込まれます。
2018年12月31日までの9ヵ月間では、当社の外部委託費の減少による研究開発費の減少が見込まれます。
なお、今回のHTL0018318の臨床開発の自主的な中断が、自動的に資産およびのれんの減損につながることはありません。
当社は、今回の自主的な中断による財務上の影響について精査を行い、関連する資産の簿価に影響を与えると判断される場合には、2018年11月8日発表予定の第2四半期連結決算で開示いたします。
また、2018年12月期の連結業績予想につきましても、最新情報を開示いたします。

※SOSEI:「ムスカリンM1作動薬 HTL0018318」についてのオンライン説明会。(9/18)
[財務への影響は限定的]:当社の資本基盤は強く、保有する約220億円の現金により2020年までの十分な経営資金を確保。
・契約に従い、本件に関する調査の費用はAllergan社が負担。
・2018年12月31日までの9ヶ月間において:外部委託費の減少による研究開発費の減少—現金収入の改善が見込まれる。
・開発の自主的中断が、自動的に資産やのれんの減損につながることはない。
・財務への影響については現在精査中であり、2018年11月8日開示予定の第2四半期決算で報告。
・次年度の収益への影響---パートナー契約したアルツハイマー認知症を対象としたM1作動薬の開発進捗に関するアラガン社からのマイルストン収益は2019年には見込めない。

※SOSEI:口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ錠口腔用50mg」の国内製造販売承認取得のお知らせ。(9/25)
「オラビ」の国内販売については、富士フイルム株式会社のグループ会社に独占販売権を付与しております。(販売パートナー:10月1日付設立の富士フイルム富山化学株式会社を予定)
当該企業より承認取得時のマイルストンとして2億円を受領することとなっており、さらに販売開始後、ロイヤリティおよび予め決定された販売目標達成時に、マイルストンを別途受領できる権利を持っています。
「オラビ」の日本における製造販売承認を取得でき、今後数ヵ月のうちに販売が開始できる道が開かれたことをうれしく思います。尚、本件にともなう当社の今期業績予想への影響は軽微であると見込んでいます。

59山師さん@トレード中 (ワッチョイ 5f8e-Lfn0 [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/08(木) 06:31:06.07ID:OA7r4Lqg0
※SOSEI:「MiNA Therapeutics社が進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAの臨床試験についての最新情報を国際肝癌研究会(ILCA)年次総会で発表」。(9/19)
MTL-CEBPA(小分子活性化RNA(saRNA)候補薬)の臨床試験終了後に、引き続き標準的治療を適応した患者において完全奏功が認められたことを治験責任医師が口頭発表。腫瘍微小環境でのCEBPAの役割に対する新たな知見により、新たな療法の可能性を評価する機会が生み出されました。
進行肝がんを対象とした標準治療薬とMTL-CEBPAとの併用治療を臨床的に評価するために現在進行中の臨床試験実施計画を修正予定。進行中の第T相試験にMTL-CEBPAの併用試験を追加実施すべく規制当局と鋭意協議。ソラフェニブ併用での試験は2018年第4四半期に開始予定。

※SOSEI:MiNA (Holdings)社に対する株式追加取得のオプション権不行使の決定に関するお知らせ。(10/18)
MiNA社に対する当社の25.6%の持分に関連する28百万ポンド(約42億円)の価値につきましては、当社会計監査人によるレビューと並行して、当社でもレビューが行われ、最終的な結論は2018年11月8日提出予定の第2四半期報告書にて開示されます。
MiNA社は引き続き当社の関連会社であり、当社は、将来MiNA社の価値が増加した場合に利益を得ることができます。一方、MiNA社の株式追加取得の独占的オプション権を行使しないことにより同オプション権が失効したことに伴い、同オプション権に関連する簿価7百万ポンド(約10億円)は全額評価減。

※SOSEI:「シーブリブリーズヘラー」および「ウルティブロブリーズヘラー」の2018年第3四半期(2018年7月〜9月)の業績について。(10/18)
「ウルティブロ」(当四半期の売上 110 百万米ドル、前年同期比 11%増):FLAME, CLAIM studyの良好な結果、並びに慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断・ケア・予防に関する世界的な指針となる 2018年版GOLDレポート、さらにSUNSET studyに後押しされ、売上は二桁の伸びとなりました。
「シーブリ」(当四半期の売上 34 百万ドル、前年同期比 3%減):欧州での競争のために微減となりました。
「イノベーション・アップデート」:QVM149 (気管支喘息)、[承認申請予定]:2019年、[開発段階]:第V相、[最新状況]:第V相臨床試験(Iridium, Palladium, Quartz)の被験者募集完了。

※SOSEI:最先端研究開発施設への段階的移転完了に関するお知らせ。(10/30)
本移転は当社の発展における重要な節目。土地面積35,000平方フィートの新拠点はThe Steinmetz Buildingと名付けられ、英国における当社の研究開発チームが活動する場となっています。
Gタンパク質共役受容体(GPCR)を標的とした新規医薬品の研究開発を専門とする、高度な技術を持った研究者ら130名以上が世界中から結集しました。
ケンブリッジ市の世界最高水準の研究環境にアクセスすることにより、当社はこの分野での世界屈指の地位をさらに強化できると考えています。

60山師さん@トレード中 (ワッチョイ 5f8e-Lfn0 [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/08(木) 06:31:40.67ID:OA7r4Lqg0
※SOSEI:役員の異動に関するお知らせ。クリス・カーギルを執行役副社長 最高財務責任者(CFO)に任命。(11/1)
カーギルは2018年6月、暫定CFOに就任しており、それ以前はシニア・ヴァイス・プレジデントを務めていました。
「カーギルの正式なCFO任命をうれしく思います。カーギルは2018年6月の暫定CFO就任以来、豊富な業務知識を発揮し、財務上の多様な取り組みを着実に推進してきています。」
「彼は、幅広い医療分野の経験や財務の優れた洞察力を有しており、かつ市場を良く理解しています。当社が日本に根差した国際的なバイオ医薬品企業になる道のりを進むために、彼はグローバル財務責任者として適任です。」
「世界中の人々の健康・生活の質の向上に寄与するという当社のミッションを実現するために、多才で強い責任感を持った当社チームが一丸となって、当社に必要な最高の財政状態の確保に努めます。」

※SOSEI:DNA技術のパイオニアDyNAbind社と協業開始。(11/7)
当社100%子会社であるHeptares社は、Gタンパク質共役受容体(GPCR)をターゲットとした創薬におけるリーダーの地位を強化し、新薬の創出を加速させるため、ドイツのDyNAbind社と業務提携契約を締結。
これにより、従来創薬が困難であった分野も含め様々なGPCRを標的に、選択性、有効性の高い低分子候補化合物を短期間で創製することが可能になります。当社のStaR技術、並びに構造ベース創薬を更に強化することができます。
当社のStaRタンパク質に、DEL技術を適用することで、医薬候補薬の創出に向けたパイプライン強化のための新しいアプローチを手にすることが期待できます。
また本件は、当社が業界最先端のテクノロジーを追求し、当社のプラットホーム技術および創薬力を強化することで、StaRタンパク質の長期的価値を最大化していく戦略にもなります。
本提携の金銭的条件は非開示としております。本契約では、重要な金銭的費用は当社には発生せず、当社は最適な創薬、開発候補化合物を選択する権利を保有します。

・・・
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算発表・決算説明会:(11/8 本日)
※AstraZeneca Q3 2018 Earnings Release: (11/8 Today)
・・・

61山師さん@トレード中 (ワッチョイ 5f8e-Lfn0 [202.124.52.145 [上級国民]])2018/11/08(木) 06:32:38.60ID:OA7r4Lqg0
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/_4/25 (終値_515) 売残高144800 買残高_4212800 ・(2014/_4/22最安値_464)※中長期計画[成長回収期の入口]ステージへ
2015/_2/20 (終値_945) 売残高_56800 買残高_6123200 ・(2015/_3/16最安値_713)※Heptares [成功の序章ステージ]
2015/10/30 (終値1080) 売残高_45600 買残高_8871600 ・(2015/_9/24安値_888)※米国承認[次なる飛躍ステージへ]※[上抜け圏へ]
2016/_4/25 (終値5808) 売残高159200 買残高13619600 ・(2016_5/_9最高値6545)※Allergan[強気相場]
2016/_6/24 (終値3680) 売残高_42000 買残高_9944400 ・(2016/_6/24安値3240)※[強気相場解除]※[時間軸での調整局面へ]
2017/_3/31 (終値2720) 売残高_22400 買残高10487200 ・(2017/_4/_4安値2570)※[時間軸調整は順調に推移]※[振るい場・拾い場へ]
2017/_9/_8 (終値2175) 売残高__7600 買残高_8151200 ・(2017/_9/_6最安値2147)※[拾い場も順調に推移]
2018/_1/26 (終値3053) 売残高__3600 買残高_5716400 ・(1/22安値2740)※[振るいも順調に推移]
2018/_3/_9 (終値2378) 売残高_42000 買残高_7177600 ・(3/_5安値2195)※[悪地合いにて再びの拾い場へ]
2018/_6/_8 (終値1700) 売残高104800 買残高_8714800 ・(6/_7安値1618)※空売り価格規制トリガー(5/11安値1665, 6/5安値1695, 7/2安値1584, 7/3安値1414)
2018/_8/17 (終値1265) 売残高__6600 買残高_6960600 ・(8/16安値1185)※
2018/_9/14 (終値1802) 売残高_42000 買残高_6658900 ・(9/12安値1650)
2018/_9/21 (終値1216) 売残高_23100 買残高_7423600 ・(9/21安値1030)※ストップ安比例配分(9/19安値1424, 9/20安値1124)
2018/_9/28 (終値1371) 売残高__1500 買残高_7687000 ・(9/25安値1161)
2018/11/_2 (終値_935) 売残高___100 買残高_7943400 ・(10/30最安値835)※年初来安値
2018/11/_5 (終値_956) 5日線乖離(+5.99%) 25日線乖離(-9.31%) 75日線乖離(-28.04%) 200日線乖離(-46.87%) (安値_918)
2018/11/_6 (終値_979) 5日線乖離(+5.86%) 25日線乖離(-5.98%) 75日線乖離(-26.04%) 200日線乖離(-45.31%) (安値_942)
2018/11/_7 (終値_972) 5日線乖離(+2.99%) 25日線乖離(-5.41%) 75日線乖離(-26.30%) 200日線乖離(-45.41%) (安値_953)

更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

62山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp53-WqUE [126.152.69.213])2018/11/08(木) 06:37:47.52ID:QRh+wWvzp
M1中止残念

63山師さん@トレード中 (ワッチョイW 6697-eBz5 [111.108.25.19])2018/11/08(木) 07:10:26.03ID:+KSmydMn0
>>62
中断でしょ

64山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp53-WqUE [126.152.69.213])2018/11/08(木) 07:45:27.82ID:QRh+wWvzp
製薬業界の常識で製薬の副作用による中断は100%中止。

65山師さん@トレード中 (ワッチョイW 9b32-IXMG [124.154.114.14])2018/11/08(木) 07:50:24.49ID:FLkA04Ny0
>>64
まあな。

66山師さん@トレード中 (ワッチョイW 9b32-IXMG [124.154.114.14])2018/11/08(木) 07:50:38.96ID:FLkA04Ny0
>>63
お前の頭はお花畑

いや、どんな薬にも副作用はあるでしょうに。ましてや毒性試験なのに
風説というか、なんか必死な人多いな。しなくても今んとこ上がる気はせんが

68山師さん@トレード中 (スッップ Sd4a-8e0V [49.98.170.94])2018/11/08(木) 08:10:16.85ID:TSx6WtCtd
中止織り込んでるからどうでもいい

69山師さん@トレード中 (ワッチョイ 8a8a-hiLZ [211.2.62.83])2018/11/08(木) 08:14:05.42ID:8BUWHarS0
どうしても信じたいなら、100万円分くらいブチ込んで放置しとけよ。
ずいぶん手ごろな価格帯なんだし、無期限ギャンブルとしちゃいい頃合いやろ(ハナホジ

70山師さん@トレード中 (オイコラミネオ MMbb-CwEV [150.66.94.217])2018/11/08(木) 08:33:12.02ID:n30JOysdM
chiさん乙
情報提供だけじゃなくてカニクイザルの檻管理ありがとうw

71山師さん@トレード中 (スプッッ Sdea-qWyX [1.75.211.165])2018/11/08(木) 08:37:49.22ID:c3d+/ZRrd
珍しく言い切る人が出てきたか
男らしいな

地合いは超絶いいので日中に1000円は超えるだろう!

だが、引け後に決算だから大引け前は垂れるはず!

MINA社が全額減損されたら今期赤字100億円はいくだろうしな 

73山師さん@トレード中 (スプッッ Sdea-qWyX [1.75.211.165])2018/11/08(木) 09:14:57.48ID:c3d+/ZRrd
そしたらまた2日S安するな

予想通り1000円超えはしたが、予想以上に垂れるのが早すぎて笑えんぞ!

75山師さん@トレード中 (ワッチョイ 8a8a-hiLZ [211.2.62.83])2018/11/08(木) 09:29:55.23ID:8BUWHarS0
3桁円ホルダーおめでとうございますッ!!

ミナの関係者ペーターの手引きで買ったのに大損て 背任だろ 不信任で消え失せろ 無能 今年の成果はマイナスばかり当然経営責任とれや

77山師さん@トレード中 (ササクッテロル Sp53-ghsD [126.233.152.74 [上級国民]])2018/11/08(木) 10:03:19.17ID:Gdb5PHIap
またマイ転しそう

決算だし、今日は安心して空売りだろうよ

株価の値幅制限でも

700円〜1000円未満は150円

1000円〜1500円未満は300円

空売り機関は必ず大引けまでに1000円未満にしたがるからな

>>78
空売り機関は特に値幅を気にするだろうからな
こういう節目の株価は大切なんやで

80山師さん@トレード中 (スッップ Sd4a-8e0V [49.98.170.94])2018/11/08(木) 10:45:19.60ID:TSx6WtCtd
ハイハイ

ピーター退場田村復帰で株価大風呂敷に包まなあかん様にして

82山師さん@トレード中 (ワッチョイ 8a8a-hiLZ [211.2.62.83])2018/11/08(木) 11:00:36.62ID:8BUWHarS0
1000円挟んだイージーゲームならいいんだけど、ここ、突然レンジをヒュッてさげるから
運が悪いと嬲り殺しやで。

83山師さん@トレード中 (スプッッ Sdea-qWyX [1.75.211.165])2018/11/08(木) 11:43:27.73ID:c3d+/ZRrd
空売りが原因で倒産するところ見せてくれよ

今日からが本当の終わりの始まりやで

85山師さん@トレード中 (スッップ Sd4a-8e0V [49.98.170.94])2018/11/08(木) 12:47:27.71ID:TSx6WtCtd
つよいな

マイ転は100%なさそう

ピーター解任を望んでいるのは極一部だから相手にする必要はない
バイトがいくら売り煽ろうとも掲示板で売買する様なポンコツはそもそもこんな便所の落書きなんか見ていない老人だし意味がない
結論としてここで何を言おうが街中で叫んでいる痴将と変わらんってことだ

87山師さん@トレード中 (スププ Sd4a-8e0V [49.96.6.11])2018/11/08(木) 13:38:24.59ID:bQf5MM1Ad
もうスレ要らんやろ
代わりにサンバイオスレでも立てろよ
分かったか?

88山師さん@トレード中 (スッップ Sd4a-8e0V [49.98.170.94])2018/11/08(木) 13:43:43.43ID:TSx6WtCtd
スレ不要おじさんもいらない

89山師さん@トレード中 (スッップ Sd4a-8e0V [49.98.170.94])2018/11/08(木) 13:51:57.58ID:TSx6WtCtd
サンバイオは、そーせいなんかとは違って、いままで感じたことがない安定した大口。メガトン級バイオファンドだと思う。

90山師さん@トレード中 (スッップ Sd4a-8e0V [49.98.170.94])2018/11/08(木) 13:53:46.30ID:TSx6WtCtd
サンバイオは回転せずに時価総額一兆円こえまで保有。(^^)

91山師さん@トレード中 (ササクッテロラ Sp53-WqUE [126.152.69.213])2018/11/08(木) 13:54:30.19ID:QRh+wWvzp
まぁ今日の超絶決算で明日はストップ安もあり得る。今日の内に売却おすすめです。

92山師さん@トレード中 (スプッッ Sdea-qWyX [1.75.211.165])2018/11/08(木) 14:10:00.07ID:c3d+/ZRrd
私刑執行だ、出房!

ヽ(・∀・)ノ

94山師さん@トレード中 (ササクッテロル Sp53-ghsD [126.233.152.74 [上級国民]])2018/11/08(木) 14:51:43.05ID:Gdb5PHIap
ペプチは底打ってからの反発すげーな
一方そーせいは()

これが黒字と赤字の違いですよ

95山師さん@トレード中 (スッップ Sd4a-8e0V [49.98.170.94])2018/11/08(木) 14:52:37.66ID:TSx6WtCtd
お逃げなさい!!!

私のことはいいから先にお逃げなさい!

ほら言った通り!
1000円以上だと値幅が300円になるから、決算を過ぎてからでないと超えれない大人の事情があんだよ
もしMINAを全額減損扱いしたら今期100億円前後の赤字になるから覚悟しとけよ!
後でガタガタ抜かすなよ!
怖いならいま売って逃げるしかねえ

2000円以上の値下がりに耐えてきてここで逃げるとかないわ

98山師さん@トレード中 (スプッッ Sdea-qWyX [1.75.211.165])2018/11/08(木) 15:02:03.15ID:c3d+/ZRrd
ウルトラ超絶ハイパー赤字なの?

99山師さん@トレード中 (スッップ Sd4a-8e0V [49.98.170.94])2018/11/08(木) 15:05:55.19ID:TSx6WtCtd
明日買い戻せばいいから、今日のうちに売っとけよー

100山師さん@トレード中 (スッップ Sd4a-8e0V [49.98.170.94])2018/11/08(木) 15:06:39.14ID:TSx6WtCtd
ミナ減損とか言ってるやつ頭おかしいのかな?

新着レスの表示
レスを投稿する